子どもを叱り続ける人が知らない「第6原則」

「勉強のできる子」こそ見誤りやすい

反抗期真っ只中、成績は下がる一方です(写真: nonpii / PIXTA)

※石田勝紀先生へのご相談はこちらから

中高一貫に通う、思春期、反抗期真っ只中の男子の母です。昨年の春から、とくに反抗がひどくなりました。いつも私とケンカになり、思いどおりにならないと家を出たり、暴言暴力が出ます。学校の成績は平均以下となり、当初よりかなり下がりました。
本人は、まったく気にせず、冬休みは毎日DS、テレビ、マンガ三昧でした。学校にも何度も何度も呼び出され、教頭に指導されています。が、本人には響いていないようです。本人は、将来の夢はない、何だっていい、大学には入らなくてもいい、そのときに考えればいいと言います。何のために中高一貫校に行ったのか、高校受験がなくてよかったという程度に思っているのか。このままゲーム三昧、無気力のまま生きていきそうで心配です。
(仮名:柴田さん)

反抗期だけが理由とも思えない

かなり深刻な状態になってしまっているようですね。親としてもどう対応していいか不安な毎日でしょう。思春期、反抗期真っ只中とのことですが、確かにそれもあると思いますが、単純にそれが理由とも思えません。今の状態では、いくら説教しようが、いくら叱り、怒ろうが、解決することはないでしょう。原因が何なのか、それがわからないと対応のしようがありませんから、まずは原因を考えてみましょう。

この連載の記事一覧はこちら

「子どもを叱り続ける」ということで日々“格闘”しているご家庭は少なくありません。“格闘”になってしまっている原因は、いくつかに分類されます。それを筆者は「子どもを叱り続ける人が知らない『5つの原則』」と呼んで、講演会などでもよくお話ししています。

【第1原則】―自分とまったく同じ価値観の人はいない
【第2原則】―強制されたことは、やらないか、やったとしても面従腹背となる
【第3原則】―人間には最低3つの長所がある
【第4原則】―親の成長は止まっているが、子どもは成長している
【第5原則】―「怒る、叱る、諭す」の3つを使い分ける

この5つの原則は書籍でも書いたことがあるのですが、実は、この5つ以外に、もう1つあり、それを「第6の原則」と呼んでいます。第6の原則は非常に表現することが難しく、日ごろ割愛していますが、実は柴田さんのケースは、まさにその第6の原則が当てはまるように思います。

第6の原則とは何か。それは次のことです。

次ページ第6の原則とは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 起業家的音楽家
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。