「私立小か公立小か」で迷う親が見落とす視点

ネガティブ要因で判断していませんか?

私立の小学校に入れる理由の1つとして、子どもが公立学校に行くといじめられるのではないかという懸念を持つご家庭もあります。それも確かに必要な考え方の1つではありますが、それも社会の縮図であり子どもの頃からそのようなことも学び、たくましく生きていくことが重要だと考える家庭もあります。

このようにみてみると、私立が子どもに合っているから入れるもよし、公立で多様な子どもたちとの間でもまれることで社会の縮図を経験していくもよしなのです。つまりどちらでもいいのですが、判断するときに、ネガティブな理由(「〜が懸念なのでやめる」など)ではなく、ポジティブな理由(「〜が望ましいから進学させたい」など)に基づいて判断するほうが適切な選択ができます。

中学受験でも、地元の公立中学が荒れているから私立に行くというのではなく、私立のこの学校は「○○という点がとても気に入っているので是非行かせたい」というポジティブ要因を元に判断したほうが成功する可能性が高いのです。なぜなら、ネガティブな理由を避けた結果の判断であると、新しい学校に進学したときに、その学校のネガティブ要因がまた気になりだします。気になるとポジティブに学校生活を送るどころか学校の愚痴、不平不満を言うようになり、貴重な学校生活を台なしにしてしまう可能性があります。ネガティブは癖になるので、できれば判断するときの基本はポジティブ要因にしたいものです。

森山さんの場合は、ネガティブ要因が基本となっていると感じます。まずは、ポジティブ要因を探してみてください。そのうえで、次のことをお話しします。

小学校受験は基本的に100%親の判断

基本的に小学校受験は、年齢的に進学するうえでの子どもの判断は一切なく、100%親の判断です。ですから、親が私立小学校に入学させたいと思っているとしたら、私立がいいでしょう。なぜなら私立に入れたいと思っていながら、公立に行かせると、何か問題があるたびに親が後悔するためです。公立小学校に行かせる親は、私立小学校が不合格になって進学する場合を除き、そもそも私立小学校を受験するという概念はまったくありません。

以上のような点から、森山さんの場合は、私立小学校というお考えがそもそもあるため、ポジティブ要因を見極めたうえで、その選択に従って行動されてみてはいかがでしょうか。仮に受験がうまくいかなかったとしても、公立の小学校でも、それはそれでなんとかなるものです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 静かなる熱狂
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株式投資・ビジネスで勝つ<br>決算書&ファイナンス

この1冊で企業財務がぐっと身近に。PL、BS、CSの基本から、キーワードで読み解く業界分析、買収価格算出などの応用まで、厳選30のノウハウを丁寧に解説。業績絶好調企業に加え、会計と実態の差を補う疑似資産、会計利益先行率のランキングも。