日本人が知らない白ワインの「重め」と「軽め」

内田篤人的、トム・クルーズ的なワインの差

白ワインの重めと軽めを人にたとえてみると?(イラスト:くぼあやこ)

こんにちは! 杉山明日香です。今回の「ワインの常識」は前回に引き続き、ワインを楽しむキーポイントとなる「重め・軽め」のニュアンスについて。 今回は白ワインについてお話ししていきます。

ワインの色で、味もだいたいわかる

赤ワインの味わいの要素は、大きく分けて3つ、「甘い」(果実味)、「酸っぱい」(酸味)、「渋い」(渋味)でしたね。白ワインの場合は、まずこの要素のうち「渋い」(渋味)は無視することにします。

連載の一覧はこちら

 

なぜでしょう? その答えは、白ワインの造り方にあります。ワインの渋味は、ブドウの種子に含まれる「タンニン」に由来します。一般的に白ワインは、ブドウの果実から種子と果皮を取り除いてからアルコール醗酵させるので、白ワインには渋味がなく、赤ワインに比べるとスッキリとした味わいになるんです。

果実味と酸味については赤ワインと同じです。果実味はブドウ由来のフルーティーさのことで、酸味は果実味を引き締め、味にキレを与えてくれます。ちなみに白ワインの場合、色を見ると、そのワインは果実味のほうが強いのか、酸味のほうが強いのかがわかります。傾向としては、果実味が強いワインは黄色っぽい色になり、アルコール度数も高めになる一方、酸味が強いものは色合いが薄く、よりスッキリと軽めの味わいになるのが特徴です。

それでは、その果実味や酸味の違いはどこからくるのでしょう。もちろんブドウ品種の特性にも影響されますが、もう一つ大きな影響を与えるのは、ブドウの育った生産地の気候です。

一般的に温暖な生産地のワインは果実味豊かでアルコールも強めです。なぜなら温暖な生産地で育ったブドウは、太陽の日を浴びてよく熟しているため糖度が高く、果実味も豊かになるからです。アルコールの原料になる糖分がより多く含まれるブドウから造られると、ワインのアルコール度数も高くなります。

次ページ白ワインの重い・軽いはどこからくる?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
崖っぷちに立つ大塚家具<br>久美子社長ロングインタビュー

父と娘が繰り広げた「お家騒動」の末、業績は悪化の一途。人材流出も止まらない。ファンドからの出資を得たが、運転資金は風前の灯だ。背水の陣を敷く大塚久美子社長の胸中やいかに。4ページのインタビューで、その強固な「信念」が語られる。