大橋ジャンクションと「非開削切り開き工法」

ライバルは「探険バクモン」。スゴイ現場を探検!

画像を拡大
強敵は水。地盤を凍結させながら工事を進める

トンネルは、同時進行で掘り進めれば、その分早く工事が終わる。しかし、シールドマシンが4台必要になる。お金がかかる。MOTTAINAI。そこで、再利用だ。500メートルほどの連結路を掘るシールドマシンは1台とし、上下線とも、同じマシンで掘り進めたという。

ところで、かつて砂場で山を作り、トンネルを掘ったら陥没した経験を持つ元男子はみな知っているように、トンネル工事には危険がつきものだ。あの悲劇はどうやったら防げるのか。やはり、補強材が必要だろう。

画像を拡大
重機通過時グー・パー運動♪ 死角に入れば轢かれます。

というわけでシールド工法では、掘り進める度に、リングの一部のような、バームクーヘンの一番外側の部分のような殻状の壁・セグメントをパチパチッとはめ込んでいく。

セグメントの幅は1.2メートル。これを次々にトンネル内に運び込み、接続していく。このあと切り開かないところはコンクリート製のセグメント、切り開くところには、鋼製のセグメント。このセグメントの設置精度が、冒頭の「切開き」のキモになる。

当然のことながら、本線と連絡路が独立したままでは合流ができない。だから本線と連結路が再接近しているあたりで約250メートル、つまり1キロの4分の1にわたり、互いに腹(または背)を切り開いて、くっつけるのだ。

次ページスゴイ工法が登場
関連記事
トピックボードAD
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 北朝鮮ニュース
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
トヨタとソフトバンク<br>入り乱れる異業種連携

「モビリティサービス会社に変わる」宣言をしたトヨタ自動車が、常に先を行くソフトバンクに頭を下げた。世界企業の合従連衡を1枚で表した「自動車・IT業界地図」に崩れる垣根が一目瞭然。