大橋ジャンクションと「非開削切り開き工法」

ライバルは「探険バクモン」。スゴイ現場を探検!

親切な鈴木さん。その先は大橋ジャンクションの中を通る首都高渋谷線だというので、もちろん、シャッターを開けてもらう。

画像を拡大
シャッターを開けるとそこにはクルマが・・・・

走っている。車が。ビュンビュンと。そしてドライバーは一様に「なんなの、この人たち」という視線を投げかけてくる。その表情がハッキリと見える。

お気持ちはよくわかります。驚かせてすみません。今日も一日、安全運転でお願いします。そして中央環状線開通の際には、自在な分合流を楽しみましょう。

画像を拡大
外に出て振り返ると、シャッターの向こうが工事現場だ

ボクも早くここを車で走ってみたい。その際の車は、テスラのモデルSでも可。助手席の誰かに次のようなことを言ってみたい。

「ここ、工事中に歩いたんだよね。ヘルメットを被ってさ」

「大橋ジャンクションといえばコロッセオもいいけれど、やっぱり非開削切り開き工法だよ。知ってる? 切り開き工法っていうのはね」と控えめに、しかし、嫌われない程度に長々と自慢したい。

うがいは緑茶で・・・・・

ひとときの探検を終え、長く大きな穴の外へ出ると、頬に当たる風が冷たい。日が傾きかけているとはいえ、なんと涼しいことか。

ボクは、こんな快適な環境を暑い暑いと言ってきたのか。軟弱な自分を省みながら、勧められるがままにうがいをした。鈴木さんの経験上、うがいには緑茶がいいそうです。

(構成:片瀬京子 撮影:尾形文繁)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。