大橋ジャンクションと「非開削切り開き工法」

ライバルは「探険バクモン」。スゴイ現場を探検!

画像を拡大
地下から地上の光を仰ぎ見る。『蜘蛛の糸』のカンダダの気分

写真で見ていた鍾乳洞のようなたたずまいに涼しさを期待していたが、とんでもない。仮設の階段を下りきったところにあるトンネルの中はほぼ密閉状態で、風が通らない。

完成するまで、風の出入り口は人や資材が出入りする縦穴など、ほんの僅かしかないのだ。ゆっくり歩いているだけで汗ばんでくる。湿度も高く、夏の間の工事では、さぞかし体力を消耗するだろう。ソフトウェアとか本とかにばかり関わって生きてきたボクには、とても耐えられそうにない。

4本のトンネルは、シールド工法で掘られてきた。回転する切刃を持ったとてつもなく大きな円柱状の掘削機・シールドマシンを使っての掘削ということだ。本線を掘るシールドマシンの外径は12.55メートル、連絡路の方は9.7メートル。だから、今いる連結路の方がちょっと細い。掘削のペースは一日平均約4.5メートルだ。

整然としたシールドトンネル

見て改めて実感するのは、丸い機械で掘るから、トンネルは天井部分が丸いんだなということ。実際は床も壁も丸い。が、そこへ、安定的に車が走行できる水平な床面、および脇に垂直の壁を設ける。壁と円弧の隙間は、非常通路として活用される。

次ページMOTTAINAI精神
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。