社員が「自主的に学ぶ会社」の緻密な仕掛け

必要なスキルを身に付けてもらうには

社員が自主的に学ぶにはどんな環境をつくったらいいのか(写真:kikuo/PIXTA)

あなたの会社は何を基準に人材を採用していますか? 同じ職域での経験年数でしょうか、職種によっては学歴も参考にされているかもしれません。でも、断言しましょう。これらの物差しが通用しなくなる時代に、いま私たちは直面しています。特定の職域や学問領域での経験によらない個人のスキルが、かつてないほど重要になっているのです。

コーナーストーンではこれを、社員のスキルの集合が企業価値をつくる新たな経済局面ととらえ、「スキルエコノミー」と定義しています。それでは、スキルエコノミーにおいて、着目すべき人材の素質とは何でしょうか。

約3割の仕事が「オートメーション化」される

テクノロジーの進化でオートメーション化が業界を問わず進み、これまで人間が担っていた仕事の中には、人工知能(AI)にとって代わられたものもあります。しかし、このことは人間がすべき仕事が減ったことを意味するのではありません。職域によっては、むしろ必要なスキルを持った人材が不足しています。

たとえば、マッキンゼー・リサーチによると、分析能力を必要とする仕事は、アメリカで1980年以降90%以上増えており、それに適応する人材はまだ足りないといわれています。一方で2030年までにオートメーション化される業務の割合は、世界では15%、日本ではさらに高く26%に上るとの予測があります。現状のスキルでまかなえる仕事は消えてなくなるということを意味します。つまりここに「スキル格差」が生じてきているのです。

デジタル破壊による新たな産業革命の真っただ中にあるいま、個人に求められるスキルもまた大きく変わりつつあることを認識しなければなりません。求められるスキルの変化に適応していくこと、適応するために絶えず学習を続けられる人材こそが、企業の生き残りに欠かせないのです。

次ページグーグルはすでに行動を軸にした人材採用をしている
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中原圭介の未来予想図
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • 住みよさランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
崖っぷちに立つ大塚家具<br>久美子社長ロングインタビュー

父と娘が繰り広げた「お家騒動」の末、業績は悪化の一途。人材流出も止まらない。ファンドからの出資を得たが、運転資金は風前の灯だ。背水の陣を敷く大塚久美子社長の胸中やいかに。4ページのインタビューで、その強固な「信念」が語られる。