社員が「自主的に学ぶ会社」の緻密な仕掛け

必要なスキルを身に付けてもらうには

最新の学習用プラットフォームを導入するのも効果的です。個人の学習行動や嗜好を、目指すゴールと連動して分析することで、その人に最適な学習コンテンツを抽出し、推薦します。

3.いつでも、どこでも学習できる環境づくり

学習する文化をつくるには、今日の多様な働き方に合った学習でなければなりません。デスクにいるときでも、外出先からでも、デバイスを問わず、いつでも、どこでも学習できる環境整備が不可欠です。

4.学習をワークフローに統合する

学習のためにわざわざ時間を割かなければならないようだと、学習する文化は定着しません。学習が日々のワークフローの一環として組み込まれていることが理想的です。社員が学習するためのプラットフォームを構築・活用すれば、業務の流れの中で学習できるコンテンツを提供することが可能になります。

社員が得意分野で「教師役」になる日も

5.学習の成果をシェアし、認め合う

学習する文化とは、ひとりひとりが自己研鑽に努めるとともに、社員同士がお互いの学習を手助けし合う文化です。同じテーマを学習するコミュニティの中で質問したり、気づきをシェアしたり、称えたりしながらゴールを目指すことは、継続するモチベーションとなります。

コーナーストーンでは「デベロップメントデイ」というイベントを隔月で開催し、社員がお互い教師役となって自分の得意分野の知識や成果を教え合っています。プログラミングや山登り、上手な写真の撮り方など、ありとあらゆることを他の社員に伝授するのです。CEOをはじめとする経営幹部もこうしたワークショップに参加し、教師役の社員から学んでいます。成果を認め合えることは、学習する文化の定着にとても大切です。

継続して学習し、常に新しいスキルを身に付けることができる人材。そのような人材を惹きつける学習する文化を備えた組織。それが、これからの変化の時代を生き抜くために必要なことなのです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。