甲子園「四国凋落と東北躍進」の明らかな根拠 データで読み解く「甲子園」強豪地方の変遷

印刷
A
A

■近畿地方

つねに勝率5割以上をキープしており、昔もいまも近畿勢が強いことがわかります。とくに1970年代以降の強さが際立っており、1980年代と1990年代後半にも強さを見せつけています。

【1972-1982年】
地域の合計勝利数 185勝
勝利数1位 25勝 PL学園(大阪府)
勝利数2位 24勝 箕島(和歌山県)
勝利数3位 21勝 天理(奈良県)
勝利数4位 18勝 報徳学園(兵庫県)
勝利数5位 16勝 東洋大姫路(兵庫県)

この時期の勝利数ランキングを見ると、PL学園が25勝、箕島高校が24勝、天理が21勝、報徳学園18勝、東洋大姫路16勝と、耳なじみのある強豪校が上位に勢ぞろいしています。

1980年代はPL学園の黄金期

PL学園といえば、なんといっても1978年夏の「逆転のPL」でしょう。準決勝、決勝と9回の土壇場で追いつき、追い越した試合はPL学園の名前を一気に全国区に押し上げました。その後の1980年代には桑田・清原のKKコンビで黄金時代を迎えたのはご存じのとおりです。

逆転のPLに匹敵する試合といえば、1979年夏の箕島×星陵の延長18回の熱戦です。後攻の和歌山・箕島は延長12回、16回の2回にわたって勝ち越されるも同点ホームランで追いつき、ついに延長18回にサヨナラ勝ち、その勢いのまま春夏制覇を成し遂げています。

次ページ中国地方
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT