クロマティvs桑田「夢の草野球対決」の全内幕

レジェンドたちが伝えたい「野球道」の神髄

互いの健闘をたたえ合うクロマティ監督と桑田監督。勝利したのは桑田チームだった(筆者撮影)

8月12日、埼玉県・大宮けんぽグラウンド(さいたま市)にて、軟式野球の日本一を決める大会「MLBドリームカップ2018 supported by XEBIO Group」の東京Aブロック決勝が開催された。

対戦したのは、“巨人史上最高の助っ人”と呼ばれたウォーレン・クロマティ氏が監督を務める「ゼビオ選抜 モントリオールエクスポズ」と、巨人のエースとしてプロ通算173勝を挙げた桑田真澄氏が選手兼監督として率いる「桑田パイレーツ」。

桑田氏がチームに加入した1986年から5シーズン、エースと主砲で巨人を支えた2人が、なんと監督として再び顔を合わせることとなったのだ。

そもそもMLBドリームカップとは、米メジャーリーグベースボール公認の「軟式野球日本一」を決めるオープントーナメント戦で、2017年からこの名称で実施している。

往年のバッティングフォームをみせたクロマティ氏(編集部撮影)

参加チームは日本全国の軟式アマチュア野球の約1000チーム。ブロック予選、地区代表決定戦を経て、全国8地区の代表チームが全国決勝トーナメントを争うという、まさに国内最大級の軟式野球大会だ。

2015年からはゼビオグループが協賛となり、当時は「ゼビオドリームカップ」として開催された。2017年からはMLB Japanが主催に加わったことで、昨年から大会名称をMLBドリームカップとしている。

一時代を築いた巨人の2人が監督として対決

試合開始30分前、先にグラウンドに現れたのは、桑田氏だった。海を渡って唯一プレーした球団、ピッツバーグ・パイレーツの黄色いTシャツを着用し、現役時代同様に入念なウォーミングアップを行っていく。

この日は先発投手としてマウンドに上がるため、キャッチボールをしながら投球フォームや体のバランスを確認していた。

自分自身が試合でバッターボックスに立つ事はあるかとの問いに「No!」と答えたクロマティ氏(編集部撮影)

対戦相手のクロマティ氏は、桑田氏が現れてから約15分後に到着。

その瞬間、ファンが待ってましたと言わんばかりの勢いで押し寄せ、車の前にはあっという間に大行列ができた。

それでも、サインや写真撮影などには積極的に応じ、一人ひとり丁寧にファンサービスをするクロマティ氏。

陽気な性格もあり、現役時代からファンとの交流を大事にしてきた。

その姿勢は、1991年限りで現役引退してから27年、今でも貫き続けている。

1989年8月9日、完封勝利をあげた巨人の桑田真澄投手と打率を4割に戻したクロマティ氏(写真提供:読売新聞社)

そして試合開始直前、巨人の両雄が監督として再会した。

次ページクロマティと桑田が交わした言葉とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。