甲子園「四国凋落と東北躍進」の明らかな根拠

データで読み解く「甲子園」強豪地方の変遷

1970年代のピークを支えたのが福井・福井商業で、1978年春には決勝に進出。1990年代のピークの中心は石川・星陵高校で、1992年夏の松井秀喜選手に対する5打席連続敬遠は伝説となっています。2010年代は敦賀気比が躍進し、2015年春には北陸地方のチームとして初の優勝を果たしました。

■東海地方

2000年代に入って強さを取り戻しつつある

東海がなんといっても目立つのが、1930年代から1940年代にかけての強さ。その後、1990年代にかけて徐々に勝率を下げますが、2000年代以降は強さを取り戻しつつあるようです。

【2004-2010年】
地域の合計勝利数 70勝
勝利数1位 14勝 中京大中京(愛知県)
勝利数2位 13勝 常葉菊川(静岡県)
勝利数3位 10勝 大垣日大(岐阜県)
勝利数4位 9勝   愛工大名電(愛知県)

2000年代には上記3校の古豪に加えて新興勢力が躍進しました。その代表例が静岡・常葉菊川と岐阜・大垣日大です。両校は2007年の春の決勝で対戦し、6−5で常葉菊川が優勝しています。

次ページ近畿地方
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT