資本主義の問題は「結論を出さない」が重要だ

池上彰×丸山俊一「資本主義の闇」対談<上>

「答えを出さなければならない」という思い込みを捨てることが重要だといいます(撮影:梅谷秀司)
作っては、壊して。私たちは何を求めて働いているのか?
異色のNHK経済教養ドキュメントを書籍化した『欲望の資本主義2 闇の力が目覚める時』では、異端の経済学者、思想家、哲学者らが「テクノロジーが進歩しているのに、なぜ経済成長できないのか?」「資本主義はショウ(見世物)だ」など、人間と社会を動かす"闇の力"の構造に迫った。
「結論は出さなくていい、という結論がいいんですよ」
番組に注目してきたジャーナリストの池上彰氏と、番組を企画したNHKエンタープライズ番組開発エグゼクティブ・プロデューサーの丸山俊一氏が、メディア論を交えながら現代の経済社会について語った。

時代に“植え付けられた”欲望

池上彰(以下、池上):『欲望の資本主義2 闇の力が目覚める時』は、発売日に買って読ませていただきました。NHKの番組を書籍化したものですが、とにかくタイトルがいいですよね。まさに今、欲望によって資本主義がどんどん拡大、自己増殖し、成長することそのものが自己目的化してさまざまな格差ができている。これをどう考えたらよいのだろうか――そんな問題意識で番組が作られたに違いない、と。丸山さんは、どのような発想でこういった企画を通してゆかれたのですか。

『欲望の資本主義 ルールが変わる時』『欲望の資本主義2 闇の力が目覚める時』(書影をクリックすると、アマゾンのページにジャンプします)

丸山俊一(以下、丸山):まさに、おっしゃっていただいたとおりの問題意識なのですが、発想の原点は、もう少し別のところにあります。実はこの企画は、クリストファー・ノーラン監督の『インセプション』(2010年)という映画から映像化のヒントを得ました。人の夢の中に侵入して、ある種の考えや記憶を植え付けたり、盗んだりするという物語なのですが、斬新な映像表現を見ているうちに、これは「欲望」をテーマとしても成立するのではないか、と思ったのです。

人間の欲望、ある時代の欲望の形は、実は時代から植え付けられている部分もあるのではないか。自ら当たり前と思い込み欲しているものも、文化的なコードで植え付けられている側面もあるのではないか。経済という現象を、文明論という広い視野でとらえてみることで、なにかが浮かび上がるのでは――そんなトライアルから始まりました。ドキュメンタリーと教養というジャンル、そしてエンターテインメント性を掛け合わせることで、不思議なものが生まれるんじゃないかと感じたんです。

次ページ異端の経済番組はこうして生まれた
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT