パ・リーグ主催の中途採用が活況だったワケ

他のスポーツ団体と合同でフォーラム開催

5月25日のフォーラムで開催されたイベント「CROSS LEAGUE TALK」では野球の枠を飛び越えて議論がされた(筆者撮影)

5月下旬、都心のある貸会議場は多くの来場者で熱気に包まれていた。この日、「パシフィックリーグマーケティング(PLM)」が「パ・リーグ キャリアフォーラム」を開催していた。

今年度パ・リーグのオフィシャルスポンサーである総合人材サービス・パーソル グループの転職サービス「DODA(デューダ)」とのコラボで実現した中途採用イベントだ。プロ野球だけでなく、サッカー・バスケ・卓球など、競技の枠を超えたスポーツ業界合同の初の試みだった。

イベントでは、『人と組織』をテーマにした3つのトークショーが開催され、立ち見が出るほどの盛況ぶり。

このうちの1つでは野球の枠を飛び越えて、日本ハム(野球)の森野貴史ゲストリレーション部長、川崎フロンターレ(サッカー)の井川宣之集客プロモーショングループ長、そして栃木ブレックス(バスケ)の藤本光正副社長が登壇し、チームの収益確保の課題や集客に向けた取り組みなどを話し合った。

スタジアムの客席数が収益の大きさを左右する現状や、ファンの心に響くアナログ的なマーケティング手法の重要性などが語られた。そしてトークショーの締め括りには、「スポーツ界を一緒に盛り上げる人材に来てほしい」と、スポーツ業界への転職を呼び掛ける発言もあった。

スポーツ業界の関連企業が名を連ねた

会場に出展していた団体は以下の通りだ。

パ・リーグ6球団(北海道日本ハムファイターズ、楽天野球団、西武ライオンズ、千葉ロッテマリーンズ、オリックス野球クラブ、福岡ソフトバンクホークス)、PLM、北海道ボールパーク(日本ハムと共同出展)、川崎フロンターレ、楽天ヴィッセル神戸、Tリーグ、Bリーグ、栃木ブレックス、横浜ビー・コルセアーズ、ワイズ・スポーツ(スポナビ)、コナミデジタルエンタテインメント

36歳男性(埼玉県さいたま市在住)は「14年間IT業界で働いてきたが、プロ野球の業界への転職の夢を持ち続けてきた」と明かす。

また、24歳女性(東京都大田区在住)は「学生時代に横浜スタジアムでアルバイトをしていた頃から、ずっとプロ野球業界に関心があった。転職サイトの情報でこのイベントを知って来た。今は運輸業界に身を置いているが、顧客満足を高めるという意味ではプロ野球と似ている面がある。各社の話をよく聞きたい」とまずは自分の条件に合いそうな球団を探したいと意向を語った。

次ページスポーツ業界で働く意欲の高い求職者たち
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT