ライオンズ「帽子30万個」小学生にあげた意味

西武球団が40周年事業で実現したいことは?

3月16日に行われたベースボールキャップ贈呈式での全員の集合写真。3選手とレオ・ライナ、ブルーレジェンズを中心に児童と教職員が囲んで全員でLポーズ(筆者撮影)

3月中旬の昼下がり、西武池袋線小手指駅から南へ1kmほど離れた埼玉県所沢市立小手指小学校を訪ねた。閑静な住宅街の中にある小学校に、メディア関係者が続々と吸い込まれていく。

パ・リーグ、埼玉西武ライオンズ(以下、ライオンズ)の増田達至選手会長、十亀剣投手、髙橋朋己投手の3選手が小学生に「ライオンズオリジナル・ベースボールキャップ」を贈呈するイベントが同小学校で開催されることになっていたからだ。

贈呈式の開始時刻に合わせて600人を超える全校児童が続々と体育館に入ってくる。選手が到着する前にもかかわらず、児童たちの興奮はなかなか収まらず、先生から静かにするよう何度も注意が入るほどだった。

代表して600人を超える児童にキャップを贈呈

待ちに待った贈呈式の開始時刻となり、あこがれの選手を目にした児童たちのボルテージは一気に最高潮に。増田選手会長が「今日は埼玉西武ライオンズの選手を代表して、みなさんにキャップを届けにまいりました。ぜひ受け取ってください!」とあいさつし、他の2選手も続いた。

選手のあいさつを受けて、戸村達男校長が「埼玉西武ライオンズから埼玉県内30万人の小学生にベースボールキャップが贈呈されることになり、今回その代表として小手指小学校が選ばれました。みんなでお礼を言いましょう」と呼び掛けると、児童たちは「ありがとうございます!」と元気よく感謝を述べた。

増田選手会長は報道陣から「30万人にキャップを贈呈すると聞いてどう思ったか」と問われると、「とても驚いた。キャップを被って全員が球場に応援に来てほしい」と語った。

次ページなぜこんなイベントを行ったのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT