「東京ドーム主催試合」で西武球団が得たもの

40周年記念事業での開催で来場者数は最多に

4月17日の火曜日に東京ドームで開催された埼玉西武ライオンズ対北海道日本ハムファイターズ戦。球場内がライオンズファンで埋まった(筆者撮影)

2018年シーズンの開幕8連勝と好発進したパ・リーグの埼玉西武ライオンズ。4月30日には本拠地12連勝となり、5月4日時点で21勝7敗の首位となっている。その西武が4月17日に初めて東京ドームで主催試合を行った。

東京ドームには長蛇の列

当日はあいにくの雨模様だったが、前売り指定券は試合開始前に完売。入場までに長蛇の列ができた。筆者は試合開始20分前に球場入り口に到着したが、中に入れたのは試合開始5分前だった。チケットを提示した入場者全員に「ライオンズ・クラシック2018」ユニフォームとライオンズブルーの「ルミカライト」が配布された。

この日の試合は2014年以来、4年ぶりに復活した「ライオンズ・クラシック2018」として開催され、選手たちは2004年~2008年シーズンに着用した当時の復刻ユニフォームを身にまとってグラウンドに現れた。

試合は3回表に日ハムが近藤の適時打で先制するも、その裏に上沢が危険球で退場し、日本ハムに一瞬暗雲が漂いかけた。しかし4回表には日ハムのアルシアが少し沈んだ雰囲気を払拭するソロ本塁打を放ったのを見届けて、筆者は食事のため座席を離れてコンコースへ出た。

売店・スナックはどこも混雑していたが、西武初の東京ドーム主催試合のために提供された「ライオンズオフィシャルメニュー」のうち、ライオンズブルーが鮮やかな「ライオンズサワー」(税込600円)を提供するコーナーには長蛇の列ができていた。食事や飲み物は、球場に足を運ぶ楽しみの1つであり、西武もファンの心をつかむオリジナルメニューの開発に腐心していることがうかがえる。

試合は、西武は12安打を放ちながらも、2得点にとどまり、日ハムに2-7で敗戦、日ハムは今シーズンの西武戦初勝利を収めた。

次ページ試合終了後にはイベントも開催
関連記事
トピックボードAD
  • 鳥海高太朗のエアポート一刀両断
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
買って良い街 悪い街

家は人生最大の買い物。購入後の大幅値下がりは後悔のもと。3大都市圏の割安な駅ランキング、519市区の「街の偏差値」を掲載。住宅情報誌ではわからない、後悔しない住まい選び。