北朝鮮の「米国は強盗」声明には深い意味がある

「強盗のような要求」とは何なのか

マイク・ポンペオ長官(左端)と金英哲朝鮮労働党副委員長(右端)(写真:Andrew Harnik/Pool via REUTERS)

6月12日の米朝首脳会談後、米朝間で事務レベルの交渉が継続的に行われている。ここで話し合われていることは、いったい何なのだろうか。

本連載の一覧はこちら

「アメリカが要求しているCVID(完全な、検証可能な、不可逆的な核廃棄)に北朝鮮がコミットせず、交渉は平行線をたどっている。北朝鮮はアメリカの姿勢を強く非難し始めており、核廃棄へ向けた動きは頓挫するのではないか」との見方が報じられることが多くなっている。しかし、そのように大ざっぱな見方では現状を正しくとらえられない。

交渉では、いったい何が話し合われているのか。解説していこう。

「一方的に強盗のように要求」は正しい表現

まず米朝交渉の現状を俯瞰しておこう。

マイク・ポンペオ米国務長官は7月6~7日、平壌を訪問し(3回目)、朝鮮労働党の金英哲副委員長と非核化に向けて協議した。そして8日、東京で河野太郎外相、韓国の康京和外相と会って協議内容を共有した。金英哲副委員長は米側の主張を理解し、「完全で検証可能、不可逆的な非核化にコミットする」と再度約束したという。

ところが、同長官が平壌を離れた直後に、北朝鮮外務省は報道官声明を発表し、「米側は一方的に強盗のように要求してきた」と非難。こちらを北朝鮮の本意としてとらえ、「非核化は成功しない、米国は譲りすぎ」と思う人が増加しているようだが、事実はむしろ逆だ。北朝鮮の発表は、上品な物言いでないが、実情を率直に表している。

そもそも、米朝間で現在行われていることは何か。

次ページ米朝間で詰めなければならないこと
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 就職四季報プラスワン
  • 小幡績の視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT