したたかな金正恩が9月に仕掛ける2つの計画

民主主義の弱みを突く北朝鮮の次の一手

6月の米朝首脳会談で大騒ぎした後、何も具体的な進展がない北朝鮮の非核化。これからどうなるのか(写真:REUTERS/Jonathan Ernst)

世界中の注目を集めたドナルド・トランプ大統領と金正恩(キム・ジョンウン)委員長の首脳会談(6月12日)だったが、その後の動きがほとんど止まっている。米朝間では米韓合同軍事演習の中止や、朝鮮戦争時に北朝鮮側で亡くなった米兵の遺骨の返還の動きがあるくらいで、肝心の非核化やミサイルの廃棄などは協議再開に至っていない。7月初旬にもマイク・ポンペオ国務長官が訪朝する見通しが報じられているが、何をどこまで協議するのかははっきりしない。

一方で目立つのが韓国と北朝鮮の間の緊張緩和ムードの高まりだ。軍やスポーツ関係でさまざまなレベルの協議が行われており、離散家族の面会やバスケットボール・チームの相互訪問などの予定が次々と決まっている。だが、いずれも南北融和ムードを高めるものであり、半島の非核化などとは無関係な話ばかりである。そんな中で最近、北朝鮮が9月に動くのではないかというストーリーが浮上している。

もちろんこの「9月説」は憶測の域を出ない話ではある。なぜ9月なのかというと2つの行事が予定されているからだ。

9月に再び韓国と米国に揺さぶりをかける

一つは9月9日の北朝鮮の建国記念日だ。北朝鮮は毎年この日に軍事パレードなど何らかの記念行事を行っており、2016年には核実験を実施した。今年は建国70周年という周年に当たるため、イベントの規模が大規模なものになるだろうといわれている。そして記念行事に中国の習近平国家主席やロシアのウラジーミル・プーチン大統領を招くだけでなく、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領も招くのではないかと言われているのだ。

文在寅大統領は南北間の緊張を一気に緩和し南北融和に向けた動きを加速し、北朝鮮側もこれに応じている。8月20日からは金剛山で離散家族の再会行事が実施される予定だ。そうした融和ムードの高まりの中で建国記念日を迎えるわけで、文在寅大統領が韓国大統領として初めて招待に応じて出席するのではないかと言われている。

韓国はこれまで自らを「朝鮮半島で唯一の合法政府」と主張し、北朝鮮を国家として認めてきていない。したがって大統領が建国記念日のイベントに出席するということは、北朝鮮を国家として認めることになるとともに、南北統一という目標を否定することにもなりかねないだけに、韓国の大きな政策転換となる。

当然、韓国内でも異論が出るだろうから実現は容易ではない。しかし、文在寅大統領が主導して実現した現在の南北間の緊張緩和と融和ムードの高まりを見ると、可能性がゼロとは言い切れない。

次ページ国連総会に華々しくデビューを狙う
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 離婚のリアル
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。