これならすぐできる!魔法の「タメ口英語」

20万人が使いたいと思ったフレーズはこれだ

考えている間に、気持ちを伝えるタイミングを逃してしまうのはもったいない!(写真:Weekend Images Inc./iStock)
2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催を前に、英語を話せるようになりたいと考える人は増えているが、参考書で英文法を勉強したり、フレーズ集の表現を覚えていてもなかなか手応えを感じられずにいる人も多いのではないだろうか。
「フレーズ集での学習に行き詰まったり、物足りなさを感じてきたら、フレーズの外にある言葉たちや、同じ場面でのさまざまな伝え方の違いに注目してみてはどうでしょうか。さっそく使えて、会話が弾む表現が思いのほかたくさん見つかるものです」
そう語るのは英語Twitterで人気No.1の「今日のタメ口英語」を運営し、『今すぐ使えて、会話がはずむ 今日のタメ口英語』の著書のあるKazumaさん。
Kazumaさんは10代のある日に思い立ち、単身渡米。現地でできた友人宅に泊まりながら生活を続けるうちに、「教科書からだけ学んでいては一生自然な英語は身に付かない」と痛感。独学での英会話習得を始め、真に使える英語とその勉強法について、長年考えてきました。

たった2、3語でいろんな機微を表現する方法

ふとした瞬間の、感情を伝える言い回しほどその場になると意外と口から出てこないものですよね。そして考えている間にタイミングを逃すという。そんなとき、たった2、3語でいろんな機微を表現する方法ってけっこうあるんです。

たとえば、話し始めの前置きや、内容を思い出そうするときに出る日本語の「えーっと」に近い表現 ”well” を、なにか聞かれたときに、”w…well” と怪訝に返すことで、「言いたくない、聞かないでくれ」という雰囲気を出すこともできます。また、

ここでタバコいいですか?(Do you mind if I smoke here?)のように、比較的丁寧な質問に使われるとされるこの表現も、いら立ちを込めて”Do you mind?” とだけ言えば、「やめてくれない?」という意味を持って気持ちを伝えることもできるんです。”Stop it” 「やめて」 よりも皮肉めいている、とまでは言いませんが、人間くさい、より日常的な空気が感じられます。

次ページ同じ場面のさまざまな言い回しを覚えるのも楽しい+役に立つ
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
GPIF運用改革の課題<br>ESG投資に乗り遅れるな!

厚生年金と国民年金の積立金約156兆円を運用するGPIF。アベノミクス初期に行われた運用改革が第2幕に突入。主眼はESG投資の拡大だ。ESG投資に出遅れる日本は変われるのか?