「特別支援学級」で育った子の知られざる本音

5歳で発達障害の診断を受けた女性の今

ちなみにお母さんは、この家族歴を特別なものとは思っていないそう。涼音さんに「これがふつう」と言ったため、彼女はそれを言葉どおりに信じ、「大学で知り合った人にそのまま話したらひかれてしまい、恥ずかしかった」と言います。どんな形の家族でも驚かれない社会になってほしいものですが、正直にいえば、私もちょっと驚きました(ポジティブに)。

涼音さんによると、お母さんにも発達障害の傾向があるとのこと(傾向は妹さんと近い)。また涼音さんの話を聞く限り、お母さんは困っている人をほうっておけない性格のようです。

「気持ちはわからんでもないです。私も元カレの引っ越しを手伝ったりしていて、受験に失敗して今に至るので(笑)。高校のときの元カレは両親がいない人で、18歳を超えているから児童相談所も対応してくれないし、20歳未満だから家を借りられない。それで私が受験勉強のとき、一緒に不動産屋に行ったりして手伝っていたんです」

親の離婚、再婚、再びの離婚。子どもの立場からしたら、不満や恨みもあるのでは? と思い水を向けてみましたが、どうもそういった発想はあまりないようです。

涼音さんが優しい性格であることや、親たちが適切な配慮をしてきたことも大きいのでしょうが(聞く限り、実父も養父も彼女を大変大切にしてきたようです)、もしかするとこれまで受けてきた教育の中で、「あらゆることを、まわりに合わせる価値観」が身に付いているせいもあるのかもしれません。

勉強と療育、両方したかった

これまでに、大人はわかっていないな、と感じたのはどんなこと? と尋ねると、「自分も(まわりのことを)わからないことのほうが多い」と断りを入れつつも、何度も口にしたのが「勉強がしたかった」という言葉でした。

「私は幼稚園にもあまり溶け込めていなかったし、一時保護所から戻った後は不登校になったので、母親は『この子に健常者のルートは無理だろう』と思ったらしく。その頃、埼玉から東京に引っ越したのですが、そのときに、特別支援学級に入れられたんですね。『(私が)頭がいいと思えない』とも言われていて。

特別支援学級は、一長一短ですよね。自分のために使える時間が多かったので、コミュニケーション能力はすごく伸びました。宿題もないので、ばかみたいに本や漫画を読んで、コミュニケーションのパターンを覚えたりして。それに私は、人間関係を考え過ぎるくらい考えて、家に帰るとうじうじ悩む“気にしい”なタイプなので、(支援学級にいるほうが)最初から孤立していて悩まないで済むのもよかったです。

ただ、勉強はすればするだけできていた、と自分で思っているので……。そうしたら、もうちょっといい大学に入って、ひとつでも自分の自信になることができていたのかな、というのはすごく感じます」

次ページ「勉強したい」という思いは今に始まったことではない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT