「必ず失敗する企画書」に足りない8つの視点

「Who」が明確でない計画は、絵に描いた餅だ

誰にでも始められるプロデュースの思考法とは?(写真:Graphs / PIXTA)
仕事で「プロデューサー」という役職を任された。新規事業部へ異動になった。イベントを企画したい。ウェブサイトやローカルメディアを立ち上げたい。何かしら地域を活性化させる活動をやりたい。でも何から手をつけていいのかわからない……。そうして立ち止まっている方もいるのではないでしょうか。
大阪ガスの社員として文化事業や地域活性化事業に携わりながら、1000件以上の地域イベントを手掛けてきた山納洋さんが、著書『地域プロデュース、はじめの一歩』から、誰にでも始められるプロデュースの思考法を紹介します。

そもそも「プロデューサー」って、何をする人?

さて、最初に質問です。みなさんは「プロデューサー」と聞いて、どんなイメージを思い浮かべるでしょう?

従来、「プロデューサー」とは、「モノやコトを創るプロジェクトの総元締」を意味する役職として使われてきました。たとえば、映画や演劇などの創作の現場において、作品の方向性を指し示し、クオリティに責任を持つ「ディレクター」(監督や演出家)に対して、企画・予算管理・宣伝や配給の交渉など、作品制作の周辺にあるすべての仕事を取り仕切るのが「プロデューサー」です。つまり、プロデューサーはプロジェクトを最初に構想して、プロジェクトに必要な座組みを決めるという、重大な役割を担っています。

最近では、一般のビジネス分野においても、プロデューサーという職種名が使われることが増えています。プロデューサーには、さまざまな能力を持つスタッフを集め、彼らの創造性や特性を最大限に引き出し、コラボレーションを引き起こすことで、新たな価値を世の中に届けるという役割が期待されています。

次ページプロジェクトを考えるときに必要な8つの要素とは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • コロナショックの大波紋
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。