会社で「生き残る」のに必要な5つのスキル

AIや自動化の波に飲まれないためには

生き残るために必要なスキルとは?(写真:viafilms / iStock)

人工知能(AI)やオートメーションの出現により、継続的に学習し、高度なスキルを持った労働力の需要が高まっています。こうしたハイテクツールには広範な能力があるとはいえ、これを効果的に使いこなすにはそれなりのスキルが求められます。しかし、ほとんどの社員はそれに必要な知識がありません。

デロイト・インサイツの最新レポートによれば、現在、全米で600万件を超える求人数に対して、大卒者の数が足りなくなる可能性があり、企業の52%は経常的に欠員が生じている状況にあると言われています。このようにスキル不足はすでに現実問題となっており、そのギャップは広がる一方です。

生涯を通じて学ぶ努力が求められている

組織においては、飲み込みが早く、新たなテクノロジーを受け入れられる人材の必要性がますます高まります。今日、個人それぞれが自身のスキルをシェアすることによって企業や経済の成長を図る「スキルエコノミー」においては、社員はすでに持っている知識に加え、新たなスキルを習得する能力が重要になります。実際には、生涯を通じて技術、社会、経営に関する新たなスキルを学ぶ努力を続けることが求められています。

テクノロジーの発展によって急速なペースで仕事環境が変わる中、米国の未来研究所はコーナーストーンオンデマンドと協力し、現代の労働者が成功を手にするのに必要な能力にスポットを当てた「未来スキルマップ(Future Skills Map)」をまとめました。このマップに挙げられた15のスキルのうち、ここでは今すぐにでも取り組める5つのスキルを取り上げ、こうしたスキルを社員に習得させる上でのヒントを加えてみました。

1. スキルアップに取り組む社員を生かす

社員がキャリアを確実に伸ばしていくためには、すでに習得しているスキルだけに頼っていてはいけません。生涯学び続ける人は成長の歩みを止めることなく、新しいスキルを得るたびに “単位”を取り、それを使ってキャリアパスを進めていきます。

上司は、自らの業務に関連した分野のコースを学び続けて資格を取得したり、さまざまな形で学習に取り組んできた社員を見つけ、彼らを生かすことができます。社内に欠員が生じた際、外部に目を向ける前に、新しいスキルの習得に積極的に取り組んできた社員を候補者として検討することも可能です。同僚が成長する姿を目にすることは、それまで現状に甘んじてきたほかの社員のモチベーションアップにつながります。

次ページ自分のやっていること以外わからないという落とし穴
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT