菊池桃子が40歳からの学び直しで得た気づき

「知ることすべてが学び」、母校で客員教授に

菊池桃子さんが大学院で学び直したワケとは(撮影:梅谷秀司)
幅広い芸能活動と子育てを両立する傍ら、母校である戸板女子短期大学(東京都港区)の客員教授としてキャリア教育を担当する女優・菊池桃子さん。40歳のときに法政大学大学院に入学し、雇用政策を学んだ。
2月19日発売の『週刊東洋経済』では、「ライフ・シフト 学び直し編」を特集。かつてのトップアイドルはなぜ学び直し、そこから何を得たのか。

ライフキャリアとして、人生を考える

――客員教授として、学生に何を教えているのですか?

大学院を3年間かけて修了し、2012年8月から縁あって戸板女子短期大学の客員教授になりました。キャリア教育、特に女性のキャリアについて講義しています。

キャリアは日本語では「わだち」、つまり車が通ったあとに残る車輪の跡と表現されることが多いです。ワークキャリアとして仕事だけをみるのではなく、ライフキャリアとして、人生を考える。その前提のうえで、今の社会の様子や予測できる今後の状況を学生に伝えています。

『週刊東洋経済』2月19日発売号(2月24日号)の特集は「ライフ・シフト 学び直し編」です。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

最近は、ゼミ形式で学生とディスカッションもしています。ゼミの1週間前にテーマを決めるのですが、インバウンドやAI(人工知能)など、話題のニュースを取り上げます。そのため産業新聞のような専門紙にも目を通し、VRなどの最新技術についても、なるべく一足早く情報を集めるようにしています。

このごろ感じるのは、「知らなかったことを知ることすべてが学び」だということ。教育機関に戻るだけではなく、人に会ったり本を読んだりすることもすべてが学び。そんな気づきを踏まえて、生涯学習について講義することに加えて、全国で講演活動もしています。

次ページ大学院に入って、素の自分に出会えた
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • 今日も香港から
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。