菊池桃子が40歳からの学び直しで得た気づき

「知ることすべてが学び」、母校で客員教授に

菊池桃子さんが大学院で学び直したワケとは(撮影:梅谷秀司)
幅広い芸能活動と子育てを両立する傍ら、母校である戸板女子短期大学(東京都港区)の客員教授としてキャリア教育を担当する女優・菊池桃子さん。40歳のときに法政大学大学院に入学し、雇用政策を学んだ。
2月19日発売の『週刊東洋経済』では、「ライフ・シフト 学び直し編」を特集。かつてのトップアイドルはなぜ学び直し、そこから何を得たのか。

ライフキャリアとして、人生を考える

――客員教授として、学生に何を教えているのですか?

大学院を3年間かけて修了し、2012年8月から縁あって戸板女子短期大学の客員教授になりました。キャリア教育、特に女性のキャリアについて講義しています。

キャリアは日本語では「わだち」、つまり車が通ったあとに残る車輪の跡と表現されることが多いです。ワークキャリアとして仕事だけをみるのではなく、ライフキャリアとして、人生を考える。その前提のうえで、今の社会の様子や予測できる今後の状況を学生に伝えています。

『週刊東洋経済』2月19日発売号(2月24日号)の特集は「ライフ・シフト 学び直し編」です。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

最近は、ゼミ形式で学生とディスカッションもしています。ゼミの1週間前にテーマを決めるのですが、インバウンドやAI(人工知能)など、話題のニュースを取り上げます。そのため産業新聞のような専門紙にも目を通し、VRなどの最新技術についても、なるべく一足早く情報を集めるようにしています。

このごろ感じるのは、「知らなかったことを知ることすべてが学び」だということ。教育機関に戻るだけではなく、人に会ったり本を読んだりすることもすべてが学び。そんな気づきを踏まえて、生涯学習について講義することに加えて、全国で講演活動もしています。

次ページ大学院に入って、素の自分に出会えた
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「日本の外交」超入門
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 若手社員のための「社会人入門」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。