「日本史」がビジネスに欠かせなくなった理由

経済や経営の知識ばかりだけでは通用しない

渡辺崋山(1793~1841)の『一掃百態寺子屋風景』(写真:PPA/アフロ)

いま歴史ブームがきている。歴史好きの女性を指す「歴女(れきじょ)」という言葉を目にするようになったのは数年前。各地の城跡に目を向ければ、世代や性別に関係なく、多くの人が訪れる。観光資源や地域おこしの中核としても、城が注目されている。それだけ人々の関心が集まりやすいのだろう。

テレビでも歴史関連番組は安定した人気がある。NHKは総合テレビで「歴史秘話ヒストリア」、教育テレビで「智惠泉(ちえいず)」、BSでは「英雄たちの選択」がある。どの番組も、メジャーな歴史上の人物から少しマイナーな人物まで幅広く取り上げ、歴史好きをうまく取り込むことに成功している。総合テレビで、タレントのタモリが各地の街並みを探訪する「ブラタモリ」も話題の中心は、街の歴史と地形の変遷で、これも歴史番組といえなくもない。

教科書・参考書の出版社からヒット書

画像をクリックすると販売サイトにジャンプします

歴史教科書・参考書の老舗である山川出版社が、2009年に出した『もういちど読む山川日本史』『もういちど読む山川世界史』は、現在に至るまで息の長いヒットとなっている。このシリーズは高校教科書を一般向けに再編集したもので、『政治経済』『倫理』『日本近代史』などが追加され、もう一度学びたいという社会人に好評を得ている。

週刊東洋経済は6月18日号(13日発売)で『ビジネスマンのための学び直し 日本史』 を特集した。「日本史(歴史)+学び直す」は、時代を象徴するキーワードだ。むかし受験勉強の一環として歴史の年号や人名を記憶した世代が、歴史そのものへの興味を抱いている。経済や経営の知識ばかりを持っていても、ビジネスパーソンは通用しない。国際化の今の時代だからこそ、日本の歴史や文化を理解しておくことが必要だ。

次ページなぜ日本史を学び直すのか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • 今日も香港から
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。