脳梗塞で人生に絶望、何が彼を救ったか?

介護とは「生きててよかった」瞬間の創造だ

担ぎ終えた後にAさんは一言だけ「もっと担ぎたかったな」と言葉を発しました。担ぎ終えたAさんには割れんばかりの拍手が送られ、周囲にできた人だかりがなくなるまでに、かなりの時間を要したことは言うまでもありません。

Aさんは現在、少しずつ、次のステージへ向かっています。介護職は、Aさんと同じような状態にある人のために、Aさんを講演会の場に立たせようとしています。また、Aさんが今、女性に会うたびに、自分が家を持っていることをアピールしているのは、本気で結婚をしようとしているから……かもしれません。

Aさんの例から気づいたこと

私は、このAさんの実話に触れて、介護とは、相手が「生きていてよかった」と感じられる瞬間の創造だと考えるようになりました。それに成功したとき、介護する私自身がとても幸せな気持ちになることにも気がつきました。

そう考えたとき、さらに思い当たることがあります。それは、介護というのは、必ずしも、心身に障害を抱えている人にだけ必要なものではないということです。

『ビジネスパーソンが介護離職をしてはいけないこれだけの理由』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

仮に心身に障害を抱えていたとしても、自分の人生に十分満足しており「生きていてよかった」と感じられる瞬間に恵まれている人には、なんらかの支援は必要でも介護は必要ないのかもしれません。しかし、仮に健康に見えたとしても、自分の人生に絶望しており「生きていてよかった」と感じられない人には、なんらかの介護が必要だと思います。

この違いは、自分で自分の人生を選べるかどうか、すなわち自立にかかっています。人間は、選択肢のない状態には不幸を感じるようにできています。逆に、それなりに選択肢があると、自分の価値観を見つめ、それに合った選択肢を考えるようになります。結果として、限定的な環境にあったとしても自分らしく生きられることになり、人間はそこから幸福感が得られるようになっているのです。

動けるような状態になったら何がしたいのかを問い続け、それがお祭りで神輿を担ぐことであることを見出し、実質的に引きこもり状態にあったAさんの身体能力を回復させ、本人の希望を達成するという一連の流れは、介護本来のあるべき姿を示しているとは言えないでしょうか。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新車販売の3割が自社登録<br>BMW「自爆営業」の実態

高級輸入車BMW。その国内販売店で今、大量の新車が中古車として売られている。日本法人が課した厳しいノルマで、ディーラーが自社登録しているのだ。本誌はBMWジャパンの強引な販売の証拠となる内部資料を入手。背景にも迫る。