脳梗塞で人生に絶望、何が彼を救ったか?

介護とは「生きててよかった」瞬間の創造だ

Aさんは6カ月にも及ぶ入院生活を終え、久しぶりに自宅に戻りました。しかし、それを喜ぶAさんの姿はありませんでした。Aさんは「これからどうやって生きていけばよいのだろう」という不安を抱えていたのです。

それでもAさんは、介護施設に通うことは頑なに拒みました。そのまま、ずっと自宅に引きこもるような生活が6カ月ほど続きました。この期間、Aさんが接する他者は、介護職と親族のみとなってしまっていました。実質的にAさんは、ほとんどの時間を1人で過ごしていたのです。

変わり始めたきっかけは刺身

ある日、入浴介助をしていた介護職が、Aさんを介護施設に誘い出すことに成功します。この介護職は、介護の仕事をはじめる前は板前をしていた人です。Aさんが刺身好きと聞いたこの介護職は「新鮮な魚をさばくから」とAさんを誘ったそうです。

リハビリを重ね少しずつ回復(写真:筆者提供)

はじめのうちは、Aさんは、そうして介護施設へ通いでやってきても、周囲と打ち解けることはありませんでした。

しかし、自宅から外に出る機会が増えるにつれて、少しずつAさんに笑顔が見られるようになってきたのです。そしてAさんは、他者から話しかけられての笑顔だけでなく、自ら冗談を言って笑顔になることも増えていきました。

そのころ、介護職との対話の中で、Aさんは「これからどう生きていくのか」というテーマに触れるようになりました。また、自分が倒れてからの人生を振り返り、当時の心境についても詳しく話すようにもなったのです。

Aさんは「当時は何もかもが嫌になっていた。しかし、いろいろな人に応援してもらい、今は感謝の気持ちでいっぱいである」ということを頻繁に口にするようになりました。

Aさんは、自身に起こったことを受容しつつありました。そしてAさんは、介護職に対して「自分が死ぬまでにやりたいこと」を伝えました。それらは①行きつけだった新橋の店に行くこと、②神輿を担ぐこと、③結婚すること、でした。

次ページかつての仲間と再会し…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。