丁寧に説明すればわかってくれる、という誤解

男・清水のメッセージは、なぜ強いのか? 

マーケティング理論、競争戦略をストーリー仕立てでわかりやすく学べる50万部突破!の人気シリーズ完結編『100円のコーラを1000円で売る方法3』(永井孝尚、中経出版)。第3巻の舞台は外資系大手の参入で混乱する国内市場。グローバル時代の企業の生き残りがテーマである。
ここでは、日本アイ・ビー・エムに30年間勤務してきた筆者のビジネス経験を基に、本書では語られなかったグローバルコミュニケーションのエッセンスについて紹介する。

丁寧に説明すればわかってくれる、という誤解

「いいアイデアなのに、なんでわかってくれないのだろう?」

外国人とのやり取りで、このようなジレンマを感じたことはないだろうか。

書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

言葉や文化のカベが邪魔をしているのか。だとしたら、もっと丁寧に説明すれば、理解してもらえるのではないか。そう考えて、根拠となるような事実やデータをかき集め、一生懸命ロジックを組み立てて説明するのだが、ますます伝わらなくて途方に暮れる……。

私にも経験がある。私はネイティブでないし、英語に苦手意識もあった。だから、言葉の切れ味で勝負することはできない。むしろ、自分がその結論に至った経緯も含めて、しっかり記述すべきだと考えた。情報量は多いほどよいはずだ。その結果、いつしか私のメールや長文に、プレゼン資料は詳細になり、誰にも見向きをされなくなった。

相手も忙しいビジネスパーソンだ。メッセージが長いと、そもそも読もうとしない。仮に読んでもなかなか理解できない。だから相手は動かない。

残念ながらこのアプローチでは、相手が外国人の場合、伝わる可能性は限りなくゼロに近い。同じ日本人同士であっても、過剰な丁寧さは相手の時間を占有してしまう。避けたほうがよいだろう。

次ページ相手が動くかどうかはわからない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。