丁寧に説明すればわかってくれる、という誤解

男・清水のメッセージは、なぜ強いのか? 

1~2行のメールで議論するシニア・エグゼクティブ

私がグローバルコミュニケーションに「シンプルさ」「ロジック」「パッション」の3つが欠かせないと悟ったのは、IBMのシニア・エグゼクティブがやり取りするメールを見るようになってからだ。

経営層にいる多忙なシニア・エグゼクティブたちは、長いメールはほとんど書かない。1~2行の短いメールのやり取りで話が進んでいく。「こうあるべき」「こうしたい」という強いパッションがあり、それを数字とロジックで裏づけ、コンパクトにまとめているのである。だから、言葉にキレがある。

たとえばこんな感じだ。

「2ケタ成長のxxx市場は最重点投資分野だ。昨年比で案件も倍増だ。しかし予算は50%カット。受け入れ難い。至急、予算を見直してほしい」

それに対する回答は、こんな感じだ。

「全体予算に余裕はない現状だが、必要性は理解した。その証しとして10%増額は確約しよう。来週中にさらなる見直し案をまとめる。議論しよう」

これらのメールのやり取りから学ぶものは多かった。最初に「こうあるべき」「こうしたい」という強い気持ちがなければ、そもそも相手に伝わらない。その部分を抜きにして、いくら「シンプルさ」だ、「ロジック」だと騒いでも、人を動かすことはできないのだ。

このように、1~2行のメールでまとめるのは、実は簡単なことではない。
『スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン』(カーマイン・ガロ著、日経BP社)には、アインシュタインの言葉として、次の文章が引かれている。

「簡にして要の説明ができないのは、十分に理解できていないからだ」

もし「パッション」と「ロジック」を込めた「シンプル」な説明ができていないとしたら、できない理由を一度、冷静に考えてみてはどうだろうか?

もしかすると、自分ではわかったつもりになっているだけで、実は、自分が状況を十分に理解していないかもしれないのだ。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT