丁寧に説明すればわかってくれる、という誤解

男・清水のメッセージは、なぜ強いのか? 

1.ユーザー数、ダントツ1位→ 300万人突破!

2.会計機能、ダントツ1位→ライバル2社の機能をすべて無償でカバー

3.お客様サポート、ダントツ1位→ 24時間365日のフルサポートをライバル2社の10分の1の価格でご提供

清水部長はあまりくわしい説明はしない。フリップでもメッセージはそれぞれ1行。その根拠も1行だけだ。しかし、シンプルなだけではない。それが顧客にとってどんなメリットがあるのか、事実に基づいたロジックを手短に紹介していく。

さらに、清水部長には強い武器があった。パッションだ。清水部長は「顧客の役に立ちたい」という強い情熱を持っていた。ネットユーザーの熱い書き込みに、感極まって男泣きすることもしばしばだ。これが聴衆の心をとらえ、市場の大きなうねりにつながっていくのである。

グローバルコミュニケーションで重要なのは、「シンプルさ」だけではない。「シンプルさ」「ロジック」「パッション」の3つがそろって初めて相手に伝わり、相手を動かすことができるのだ。特に「パッション」は見落とされがちだが、実は非常に大切な要素である。

スティーブ・ジョブズのプレゼンはとてもシンプルだが、ジョブズの強いパッションを感じない人はいないだろう。さらにジョブズは、自分のパッションがただの思いつきではないことを、誰もが納得するロジックで裏付ける。

日本でも同じスタイルの経営者がいる。ソフトバンク社長の孫正義さんだ。孫さんのプレゼンもまた、「世の中をよりよいものに変えていきたい」という強いパッションを原動力に、ロジックで裏付けながら、シンプルなメッセージを発している。だから、大きな感動を呼ぶのである。

次ページ1~2行のメールで議論するシニア・エグゼクティブ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT