「40代で育児を始めた人」を待ち受ける"危機"

パラレルキャリアで定年後に備えないと…

「子どもが成人する頃に定年を迎える」という人も珍しくない(写真 : プラナ / PIXTA)
「日本人の初婚平均年齢」は、男性が30.5歳、女性が28.8歳(2010年国政調査)。年々、その年齢は高くなる傾向にあり、2016年には高齢出産(35歳以上の女性による出産)が、出産数全体の60.2%を占めている。「子どもが成人する頃に定年を迎える」という人も珍しくなく、定年後の子どもの教育費問題や終身雇用をアテにできない社会の変化は切実な問題だ。そんな“熟年パパ”が直面する問題を考える連載を5回にわたって掲載する。第1回は、注目されつつある「パラレルキャリア」ついてだ。

大手企業も国も「副業解禁」の時代へ

ロート製薬をはじめ、DeNA、ソフトバンクなどの大手企業も正社員の副業を解禁しはじめました。2017年11月、政府までもが、「働き方改革」の名のもと、年度内には副業・兼業の事実上の解禁に踏み切ることを公表しています。これはつまり、終身雇用の安定神話が完全崩壊したことを意味するのでしょうか。目まぐるしく社会が変化する中、いよいよ国や企業に守ってはもらえない時代が到来? 熟年パパ世代は「明日をも知れぬわが身」に危機感を持って副業に乗り出すべきなのでしょうか?

実はこの背景には、それ以上に深いものがありました。副業・兼業解禁に向かう目的は、「働く人の収入を増やす」ことだけではなく、「新たな技能の習得を促す」ことも目指していたのです。つまり、終身雇用制度だけでなく、「目の前の仕事で成果を挙げ続ければ、次のポストを目指せる」というバリキャリ志向の考え方もまた、時代遅れになっているということなのです。

そこで注目したいキーワードが「パラレルキャリア」。経済産業省による「パラレルキャリア・ジャパンを目指していく」という提言をはじめ、昨今、この言葉が頻出しています。そもそもパラレルキャリアとは、マネジメント研究の第一人者であるピーター・ドラッカーが提唱したもので、ざっくり説明すると「現在の仕事以外の仕事を持つことや、非営利活動に参加すること」を指しています。

次ページボランティア活動への参加なども含まれている
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。