日本のディスプレーは、それでも生き返る

革命を巻き起こす、トップサイエンティスト

新川崎の線路沿いに現れた緑の小さな森の中に、ぽつぽつとただずむ茶色い建物の一群。この中のひとつが、慶応義塾大学理工学部の小池康博教授の研究室だ。

のどかな環境からは想像がつきにくいが、ここでは2013年度までのおよそ5年間で国から約40億円の資金提供を受ける一大プロジェクトが進行している。小池教授の下、「フォトニクスポリマー」という光を操る特殊なプラスチック素材を活用し、光技術でわれわれの世界を変えようとしているのだ。

「全世界のあらゆるディスプレーに採用されるんじゃないかな。アップル、グーグル、サムスンがみんなエンドユーザーになってくださったらハッピーでしょ」

小池教授がこう期待を寄せるのは、今年2月に発表した液晶ディスプレー用の「超複屈折フィルム」。開発済みの「ゼロ複屈折フィルム」と合わせて使えば、液晶ディスプレーの構造をよりシンプルにでき、画質も有機ELを超える。コストの高い有機ELが次世代のディスプレー候補として挙がっているが、画期的なフィルムの開発により、液晶の次も液晶ディスプレーが主力となる可能性が高まっている。

材料から始まるイノベーション

液晶ディスプレー用フィルムだけではない。NHKが進めているスーパーハイビジョンも、小池教授が開発した世界最速のプラスチック光ファイバーがなければ実現できないだろう。また、従来よりも明るく省エネ効果のある液晶用バックライトは、ソニーのノートパソコン「VAIO」などに採用が広がっている。

液晶ディスプレー用フィルム、高速の光通信、バックライト――分野は違うが、共通するのはフォトニクスポリマーという材料の開発によって、それぞれの領域でイノベーションを起こしているということ。小池教授は「イノベーションは材料から来ているのだ」と強調してやまない。

「材料の機能がシステムを変えていくのです。まだ真空管しかなかった頃、アメリカのベル研究所のショックレーが半導体を発明した。当時の新聞の反応は『補聴器には使えるかもしれないね』程度だったのだけど、数十年経ってみると、半導体の発明の瞬間は、エレクトロニクス社会の幕開けだった。

新しい時代のドアは突然に開くんだよ。真空管をどんどん小さくしていっても、半導体にはならない。同様に、ブラウン管テレビをどんどん薄くしていっても、液晶にはならない。“根こそぎ”置き換わっているんだ」

次ページスーパーハイビジョンを支える技術
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大物経営者でも容赦なし<br>株主総会で支持率低下続出

LIXILグループなど、株主総会における株主提案が存在感を増している。取締役選任決議を独自に調査し、否決5人を含む賛成率の低い30人と、対前年で賛成率悪化幅の大きい200人のリストを掲載。社外取締役に対する株主の視線は厳しい。