日本のディスプレーは、それでも生き返る

革命を巻き起こす、トップサイエンティスト

「散乱」をキーワードに高速プラスチック光ファイバーの開発からバックライト、ディスプレーの世界に入った小池教授は、もうひとつのキーワードに出合う。「複屈折」だ。複屈折とは、ひとつの光学部品の中でいくつかの屈折現象が起きてしまうこと。液晶ディスプレーの色が斜めから見ると変わってしまうのは、中に入っている数枚のフィルムの複屈折が画面を乱しているのが原因だ。この色ムラをなくすのは不可能だというのが、専門家の見方だった。

ところが、小池教授は複屈折をとことん究め、色ムラのない液晶ディスプレー用「ゼロ複屈折フィルム」の開発に成功。またしても常識を覆してしまった。ご本人呼んで、第2の“息子”だ。

従来は複屈折を抑えるために高価な位相差フィルムが使われてきたが、それが不要になる。長さが100メートルもあるような巨大な乾燥機を使ってポリマーを溶媒から取り出すこれまでの製法に比べ、簡単な押し出し成形で作れるようになるので、製造時間も数十分の1に短縮される。もちろん、コストも低減できる。

「今、液晶テレビが値崩れして、日本メーカーが大赤字になっているでしょう? 台湾や中国、韓国の安いパネルが主流になってしまっている。だけど、色ムラを完全になくせるなら、中国やインドに納めるものも、先進国に納めるものも、全部日本で作ればいいじゃない? このゼロ複屈折フィルムを僕はあらゆる液晶パネルに入れていきたい」

小池教授は熱く語る。

「単なる学者じゃない」

不可能と言われていたゼロ複屈折フィルムの開発は、十分な偉業だ。普通の人ならこの成果で満足してもおかしくない。しかし、「私はやっぱり学者なんだよ。複屈折ゼロの逆をやるわけ。僕はそういうことが大っ好きな人なの!」

以前、プラスチック光ファイバーで散乱損失ゼロを達成した後には、逆に散乱を大きくして別の発見につながった。今度も、複屈折を果てしなく大きくしてみたいという誘惑に駆られ、すぐに試してみた。

結果は非常に大きな産物をもたらした。液晶の最前面に内蔵するだけで、ゼロ複屈折フィルムと同じように色ムラがなくなり、有機ELを超える画質を実現する「超複屈折フィルム」ができたのだ。サングラス越しでも画面が真っ暗にならなくなるので、スマートフォンやタブレット端末をカーナビゲーション用に使うのにも最適。

しかも、材料はペットボトルに使われている、安くて丈夫なポリエチレンテレフタラート(PET)。PETは複屈折が大きくて液晶パネルに適さないとされてきたが、その性質が超複屈折フィルムにはおあつらえ向きだった。東洋紡にライセンスを供与し、大量生産も開始する。

次ページ本物のイノベーション
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 「薬害・廃人症候群」を知っていますか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日系小売企業が本格進出<br>変貌するインドビジネス

日系企業は製造業が半分近くを占めるインド市場。ここへきて小売企業の進出表明が相次いでいます。サントリー、ココイチ、セブン-イレブン、ユニクロ、メルカリなど、人口増と若者の旺盛な消費意欲を取り込む各社の戦略に迫ります。