Facebookが「ミッション」を変えた深い意味

5日連続で巨大SNSの最前線を徹底的に解説

Facebookは今後10年をどう見据えているのか(撮影:今 祥雄)

初めまして。フェイスブック ジャパン代表取締役の長谷川晋です。今回東洋経済オンラインに5回連続で寄稿できるという貴重なご機会をいただき、まずは大変光栄に思います。

私は2015年10月に事業会社からフェイスブック ジャパンの代表取締役に就任いたしました。現在、世界で20億人が使うようになったFacebookが世界中の、そして日本の皆様に今後どのような価値を提供し、どのような役割を担おうとしているのかについて、10月2日から6日まで5日連続の連載でお話しさせていただきます。

第1回では、私の簡単な自己紹介とともに、今年6月に変更されたばかりのFacebookのミッションの下、Facebookが目指すものや、今後10年をどう見据えているかについて紹介したいと思います。

さまざまな変化を経験したこれまでの人生

私は兵庫県宝塚市で生まれたのち、2歳から9歳までの幼少期を米国で過ごしました。 9歳で日本に帰国後、 多くの逆カルチャーショックを経験しましたが、剣道やハンドボール、ラグビーなどのスポーツを通じて、多くの日本らしいともいえる文化や慣習を学ぶことができました。

京都大学卒業後は、東京海上日動火災保険、プロクター・アンド・ギャンブル、楽天に勤務し、2015年にフェイスブック ジャパンに代表取締役として入社しました。特にプロクター・アンド・ギャンブルでの10年は私のキャリアの基礎となっています。その中でも最後の3年はシンガポールで多国籍のチームをリードし、北南米やヨーロッパ、アジアのチームと仕事をすることで真の多様性を学べたことは非常に大きな経験でした。

次ページFacebookへの入社を決めた3つの理由
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT