フェイスブック、エグすぎ「強敵対策」の全貌

今度はカメラでスナップチャットを追い込む

基調講演を行うマーク・ザッカーバーグCEO(筆者撮影)
フェイスブックが毎年春に行う開発者会議「F8」。今年は4月18日と19日に行われる。このイベントではフェイスブックが考えているインターネットコミュニケーションの未来図が明らかになる。今年は何が語られたのだろうか。現地からリポートする。

 

4月18日の基調講演に立った創業者でCEO(最高経営責任者)のマーク・ザッカーバーグ氏は、例年見せている10年ロードマップの3年目であるとし、2つの注力するポイントについて説明した。

フェイスブックの10年ロードマップ(筆者撮影)

1つ目はコミュニティづくり。そして2つ目は拡張現実(AR)だ。注目すべきはARへの取り組みだ。

フェイスブックも「AR」に参戦

フェイスブックは、仮想現実(VR)技術やゴーグル製品を開発しているOculus(オキュラス)を買収してVRゲームのプラットフォームを整備、同時にフェイスブックプラットフォームに360度写真やビデオ、ライブ配信を統合してきた。この動きには、世界最大のモバイルデバイスプラットフォーム「アンドロイド」を擁するグーグルも追随しており、DaydreamというVRのブランドを立てている。

グーグルと覇を競うもうひとつのモバイルプラットホームであるアップルは、ティム・クックCEOがVRではなくARについて興味を持っていることを強調するなど、対立軸を明確にしてきた。

しかしここに来て、フェイスブックがARに対する取り組みを明言したことで、グーグルとはVR、アップルとはARで競合していくことになる。そこに込められた戦略とは何なのだろうか。

次ページカメラをARのプラットフォームに
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT