Facebookはテクノロジーで日本社会に貢献へ

日本らしい新たなコミュニティづくりを応援

グローバルカンパニーの中での日本法人の位置づけとは?(撮影:今 祥雄)

5回にわたった連載も、いよいよ最終回となりました。今回はグローバルカンパニーの中でのフェイスブック ジャパンの位置づけ、そして日本法人である私たちフェイスブック ジャパンが日本の社会、経済にどんな貢献をしていきたいかについてお話しします。

まず、フェイスブック ジャパンの位置づけですが、結論から言えば日本は極めて重要なマーケットであり、学びが多く得られるマーケットだととらえています。

本社の幹部が続々と来日

Facebook本社の幹部たちの頻繁な来日がその証しです。2016年は1月にCPO(Chief Product Officer – 最高製品責任者)のクリス・コックス、4月にInstagramの2人の創業者、ケビン・シストロムとマイク・クリーガー、5月にはグローバルの広告事業統括のデイビッド・フィッシャーが日本を訪れ、12月にはInstagramのCOO (Chief Operation Officer – 最高執行責任者)マーニー・レヴィーンが安倍晋三首相主催の世界女性会議で基調講演をしました。

クリス・コックスは今年5月にも東京に来ています。いかにFacebook本社が日本のマーケットを重視し、日本から多くを学びたいと考えているかがおわかりいただけると思います。

クリス・コックス来日の様子
次ページ日本は世界でも有数のモバイル先進国
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。