「定義」がデジタルマーケの効果を決める理由

なぜ日本企業の施策は「不十分」なのか

デジタルマーケティングを機能させるには?(写真:Sergey Nivens / PIXTA)
日本企業は、どうすればデジタルマーケティングを機能させられるのか。『デジタルマーケティングの教科書』を上梓した牧田幸裕氏は、まずはその定義を理解し、全体像をつかむ必要があると説く。データドリブンによる消費者理解からECチャネルとリアル店舗のシームレスな統合まで、マーケティング活動全体をデザインできてこそ、デジタルマーケティングは機能し、競争力の源泉ともなる。

物流や品ぞろえだけでは、Amazonに対抗できない

『デジタルマーケティングの教科書』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

2017年7月、セブン&アイ・ホールディングスとアスクルは、ネット通販事業で提携すると発表した。両社の通販サイトで互いの商品を取り扱い、品ぞろえを強化する。また、物流の強みを持ち寄り、新しいサービスを提供。日本の小売市場でシェアを高めるAmazonに対抗するという。

では、セブン&アイとアスクルは、Amazonに対抗し、競争力を向上できるだろうか。デジタルマーケティングの観点で考えると、難しいだろう。なぜならば、発表の内容を見るかぎり、品ぞろえや物流のサプライサイド(企業側)の視点だけが重視されていて、デマンドサイド(顧客側)の視点が抜け落ちているように見受けられるからだ。

Amazonの競争力は、もちろん品ぞろえや物流にもあるのだが、同時に、膨大なビッグデータを人工知能(AI)で解析した顧客理解と提案力に、その源泉がある。Amazon IDと紐づいた消費者行動に関して、検索という購買「前」データ、決済という購買「そのもの」データ、レビューという購買「後」データを持つ。そして、それらをAIにより分析することで、次の消費者行動を洞察し提案する。ここにデジタルマーケティングの価値、オムニチャネルの競争力の源泉があるのだ。

このケースに限らず、日本企業の多くは、サプライサイドのチャネル統合ばかりが頭にあり、デマンドサイドの消費者理解が抜け落ちている。こういう状態は、デジタルマーケティングでは、クロスチャネルの構築にすぎず、オムニチャネルの構築だとは考えない。

次ページJリーグはデマンドサイドを重視
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。