「東京ガールズコレクション」驚異の事業構造

「国連」も巻き込む圧倒的ビジネスモデルとは

東京ガールズコレクションの「ビジネスモデル」を理解するには、「アクセラレーター」という概念が役に立つ(写真:©TOKYO GIRLS COLLECTION 2017 S/S)
2017年9月2日(土)に、マイナビpresents第25回東京ガールズコレクション2017A/Wがさいたまスーパーアリーナで開催される。毎回、来場者数が3万人を超え、今回もすでにチケットが完売するほどの人気で、さまざまなメディアが注目する大イベントだ。しかも、このビッグビジネスを仕掛けているのが、社員32人のW TOKYOというのだから、ファッション業界でなくても、その成功の秘密を知りたくなるのではないか。

「#TGC」でのツイートは1億インプレッション以上

いま、ファッション界で注目が高まっている新しい販売手法が、“See Now, Buy Now(いま見て、いま買う)”である。ファッションショーなどで発表された最新のアイテムが、すぐに店頭やウェブで購入できる施策形態をいう。

2016年秋のロンドンコレクションでバーバリーが取り入れ成功したことがきっかけとなり、現在はラグジュアリーブランドから中小規模のブランドまでが、ネットを通じて即座に広がっていくトレンドの波を逃さぬよう、リアルタイムでのショーのネット配信と販売を組み合わせた施策を取り入れている。

東京ガールズコレクション(TGC)では、世界に先駆け10年以上も前から、この“See Now, Buy Now”を具現している。

TGCは、「日本のガールズカルチャーを世界へ」をテーマに、2005年から春と秋の年2回開催している、ガールズマーケットに特化した史上最大級のファッションフェスタである。ショーモデルは、各ジャンルのファッション雑誌のトップモデルを起用。雑誌社や芸能事務所に偏ることなく、TGCでしか見られない、人気モデルたちとトップアーティストの総合エンターテインメントショーを演出することで、F1層(20歳から34歳までの女性)から圧倒的支持を受け、イベント認知度94%を誇る。

第1回を開催した12年前から“See Now, Buy Now”をはじめ、ショーのLIVE配信、AIによるファッションコーディネートなどを提案。つねに最先端のテクノロジーを実践レベルで取り入れていくことで、単なるイベントで終わらせず、協賛企業には、商品・サービスなどのコンテンツ開発や、ブランディングの“ラボラトリー”としての意味づけをすることで、一過性の流行ではないムーブメントを起こすことに成功している。

次ページ回を追うごとに高まる発信力
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT