インスタに思わず出るあなたの「精神状態」

何気なく投稿しているかもしれないが…

SNSにアップする写真は、あなたの精神状態を映し出しているのかもしれない(写真:Kostiantyn Postumitenko / PIXTA)

あなたがネットでシェアする写真は多くを物語る。自己表現の一つや旅行の記録にもなれば、あなたの暮らしぶりや変わった癖を反映したりもする。しかし、それらの写真はあなたが認識している以上のものを示しているかもしれない。ネットでシェアする写真は、あなたの精神状態を表している可能性があるとする研究結果が発表されたのだ。

『EPJデータサイエンス』誌に発表された研究によると、写真の色や映っている人の顔、画像補正に至るまで、うつ病歴のあるインスタグラムのユーザーが投稿する写真には病歴のないユーザーとは異なる特徴があるという。

彩度を下げた暗めの写真が多い人は…

ハーバード大学の博士研究員で、バーモント大学のクリストファー・ダンフォース教授と論文を共著したアンドリュー・リースは、「平均的にうつ病歴のある対象者は健康的な人よりも、ピクセル単位でより青く、よりグレーで、より暗い写真を投稿する傾向があった」と言う。

リースとダンフォースは、過去にうつ病と診断されたことがあるかどうかによって、対象者を「うつ状態にある」もしくは「健康的」とした。そして機械学習ツールを使って彼らが投稿した写真に見られる傾向を分析し、写真によってうつの兆候を発見するモデルの開発を試みた。

結果、うつ状態にあるユーザーは健康的なユーザーよりも、写真を投稿する前に明るさや色を変えることができるフィルター機能を使用する頻度が少ないことがわかった。うつ状態にあるユーザーがフィルターを使用する際には、写真の彩度を落としてモノクロ風にできる「Inkwell(インクウェル)」という機能を選ぶ傾向があった。

次ページ健康的なユーザーがよく使うフィルターは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT