嫌われる人の「イラッとする返事」、7大NGは?

「は?」「マジ?」…不愉快な人、多すぎです

まず、「イラッとする返事」でよくありがちなのが、「は?」と聞き返してくる返事です。

相手が不快に感じる返事は意外と多い

【1】「は?」と聞き返してくる

相手の話が聞き取りにくかったりしたときなど、思わず「は?」と聞き返してしまうことはないでしょうか。

何げなく言っていることが多いと思いますが、「は?」と聞き返されて不快にならない人は、ほとんどいないと思います。

「見下されている」「バカにされている」と思われる可能性も高く、特に仕事での会話では要注意です。

そんなときは、「すみません、もう一度言っていただけますか」など、きちんとした言葉で返すことを心掛けましょう。

【2】どんな話にも「マジ?」と答える

若い世代に多く感じるのが、「マジ?」という返事をする人たちです。話の内容にかかわらず使っていると思いますが、特に職場では要注意です。

親しみを込めて使ったつもりかもしれませんが、相手にはとても軽い返事に聞こえかねません。「自分の話をちゃんと聞いていないんじゃないの?」と思われる可能性もあります。

職場では特に、使う相手を考えたほうがいいと思います。

【3】「知ったかぶり」の返事をする

どんな話になっても「そうですよねー」「わかります、わかります」を連発する人もいますよね。

もちろん、本当に知っている、理解しているのならいいのですが、往々にして「知ったかぶり」で、適当に「そうですよね」「わかります」と相づちを打っているケースも少なくありません。

「知ったかぶり」は、相手が指摘しなくても、大抵の場合、相手にはうすうすバレているものです。年配の人の場合、いい加減な返事をすると「本当にわかっているの?」と注意する人もいますよね。

いずれにせよ、相手は不快な気持ちになるので、適当な「知ったかぶり返事」はやめましょう。

次ページ「声の高さ」と「スピード」も大切
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ戦争は国家総力戦に<br>迫り来る「感染爆発」

東京のロックダウン、病床の不足……。新型コロナウイルスと戦う日本の国家体制を整理し、最前線の医療現場を支える根拠法を踏まえて詳解しました。経済対策はリーマンショック時を上回る60兆円超が見込まれています。