「無名なシェアトップ」企業にも就活せよ!

有名人気企業に入社しても大切に扱われない

ディスコでは就活生が興味ある部署の社員に直接インタビューすることができる(写真:ディスコ提供)

2018年卒採用では、超売り手市場であることから、学生が有名人気企業に集中する傾向がより強まっている。一方で、業績良好で福利厚生が充実していても、知名度が低いため、採用に苦労している企業がある。

学生の知名度より業界内での存在感

有名人気企業が必ずしも優良企業とは言い切れない。一時期は就職人気ランキングで上位にありながら、その後、倒産してしまったというケースはいくらでもある。また有名人気企業が働きやすいとも限らない。人気企業で採用に困らないからこそ、従業員を大切に扱わないこともある。

採用においては、人気企業には応募が殺到するため、採用選考がていねいでないケースがある。こうした企業を受けて落ちた場合、学生は「なぜ落とされたのかわからない」とその企業を恨むことになる。

知名度が低いといっても、それは学生の間で知名度が低いのであって、ビジネスの世界では存在感が大きいという企業もある。業界におけるシェアが高い企業がそれに当たる。シェアが高ければビジネスに有利だし、高シェアにおじけづいて、後発企業が参入してこないケースもある。

就職人気ランキングの高い有名人気企業でなく、業界で圧倒的シェアを誇る企業にも目を向けてはいかがだろうか。ここでは「無名」ながらも「シェアトップ」の企業を取り上げてみたい。

次ページコンピュータスケールなら世界1位
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
  • 若者のための経済学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ホンダとGMが提携拡大<br>露呈した自前主義の限界

ホンダが米GMとの部分提携を大幅に深化させ、北米事業の幅広い分野での包括提携に踏み出しました。最大の目的は、低空飛行が続く4輪事業の収益改善。新型コロナによる事業環境の悪化も提携拡大を後押ししました。

東洋経済education×ICT