「平均勤続年数が長い会社」ランキング500社

1位は相鉄HD、2位が佐田建設、3位東武鉄道

平均勤続年数ランキングのトップは、神奈川を地盤に鉄道などを展開する相鉄ホールディングスとなった (撮影:風間仁一郎)

長く勤められる会社はどこか――。

就活生の多くに内定が出始めているといわれているが、内定を得ても就職活動を続ける学生がほとんどだという。自分の理想にあった企業を求めて、企業研究に取り組んでいる人も多いだろう。

平均勤続年数が高い=離職率が少ない会社

安定している会社や、やりたい仕事ができる会社を企業選びのポイントとしている学生が多数派だが、労働環境が厳しく退職者も多い”ブラック企業”を避けて、「長く勤めることができる会社」に行きたいと思っている人は多いはずである。

平均勤続年数は、長く勤められる会社を判断する重要な指標だ。勤続年数が長ければ、定年まで働く社員が多い会社という判断ができる。逆に短い会社だと、人の入れ替わりが多い可能性がある。

今回、上場企業を対象に、平均勤続年数の高い会社の上位500社を紹介したい。

次ページ対象企業の平均は13.6年​​​​
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 性暴力サバイバーの明日
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
6800億円の巨額減損<br>みずほに不足する「稼ぐ力」

みずほFGが巨額損失の計上による業績下方修正を発表した。損失の大半がリテール部門にひもづく新システムの減損で、「リテール不振」が際立ったともいえる。坂井社長の言う「前向きな減損」も、稼ぐ力あってこそ。効率化、稼ぎ頭の構築と道は険しい。