就活生の印象がよくない「採用サイト」18社

1位はあの電通、基準は「見づらい」「悪感情」

電通の採用ページの一例。「かっこいい」との意見がある一方、「派手」「画面がいろいろ動いて見づらい」との意見が出ている

就職活動をする学生は、企業の採用ホームページから好印象を得る一方、悪い印象を受けることもある。ではどういったホームページが悪い印象として受け止められるのだろうか。

5月11日配信記事「就活生が高く評価する『採用サイト』ベスト32」で、好印象のホームページを紹介したが、今回は反対に「印象のよくない『採用サイト』」の上位を紹介する。

電通はまだ”ブラック企業”のイメージ残る​​​​

HR総研は楽天「みんなの就職活動日記」と共同で、今年就活をしている学生約1000人に、「印象のよくない採用ホームページ」を1人1票で選んでもらった。

ベストとワーストを比べてすぐに気がつくのは、実は顔ぶれが似ていることだ。人気企業ほど多くの就活生が見ているから、好印象を持つ学生もいれば、悪い印象を持つ学生もいる。また投票数は、悪印象企業の方が票数は少ない。興味を持った採用ホームページは熱心に見るので印象に残るが、魅力がない採用ホームページは記憶に残らないからだろう。「悪印象=よくない採用ホームページ」と一概には言えないものの、コメントを見ると改善点がありそうだ。

悪い印象のトップとなったのが電通。文系58票、理系29票と、2位の5倍以上の票数となった。電通の採用ホームページに悪印象を持った理由は二つに分かれる。一つめはコンテンツそのものが気に入らなかったという。

次ページクリエイティブだけど見づらい
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。