就活生の印象がよくない「採用サイト」18社

1位はあの電通、基準は「見づらい」「悪感情」

同じく5位はユニリーバ・ジャパン。紅茶のリプトンや石けんのラックスなど、著名ブランドを持つグローバル企業だが、本国のページを転用したような採用ページに、「他の企業と比べて少しわかりにくかった」(北里大学、理系)、「職種ごとの仕事内容がわかりにくい」(大阪大学、文系)「古臭い」(室蘭工業大学、理系)と、ネガティブな声が挙がる。

7位は2社あり、うち1社がNTTデータ。「関連グループが多すぎる」(東京大学、理系)、「わかりづらい」(日本大学、理系)、「見にくい」(京都女子大学、理系)、「わかりにくい」(神戸大学、文系)。大きな企業グループであるため、数多くある職種の説明の比率が高くなっており、それが悪い印象の原因になっている。

7位タイのもう1社、富士通は、文系4票、理系6票。文系からの票数の方が少ないものの、「理系の学生しか募集していないように見える」(熊本大学、文系)、「文字がありすぎて、古臭いサイトのイメージ」(香川大学、文系)と見えている。理系からは「メールの既読をボタンで行っている点」(名古屋大学、理系)と機能が不評だ。

スマホ非対応、つながりにくさへの不満も​​​​

上のロゴをクリックするとHRプロのサイトへジャンプします

9位のソニーもNTTデータと同様、グループ会社が多いことがマイナス評価の理由になっている。「グループ会社が多いせいでもあるが、ややこしかった」(宮崎大学、理系)、「内容が伝わりにくい」(明治大学、理系)、「職種が多いうえ、ページリンクが多かった」(一橋大学、文系)と学生は感じている。コンテンツを盛り込み過ぎているようだ。

同じく9位の総合商社の双日は、「わかりづらい」(東京工科大学、理系)、「ページが悪いのではないが、サーバーが落ちることがよくある」(早稲田大学、文系)とあった。

就活生の感想を見ていくと、悪印象を持たれる最大の要素は、「見にくさ」「見づらさ」「分かりにくさ」「分かりづらさ」だ。さらにそれだけでなく、さまざまな嫌われる要素がある。

ページへのアクセス環境も重要だ。圏外のコメントの中には、採用ページがスマートフォン(スマホ)を前提としていないことに対する不満や、画面が重く「つながりにくい」「ページの画面遷移が遅い」、という意見が散見されていた。

採用ホームページは、企業へのエントリーのまさに入り口。就活生の忌憚ない意見を活かし、次年度はよい印象が残るようにしてもらいたいものだ。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 本当は怖い住宅購入
  • 財新
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
外食 頂上決戦<br>勝ち組・負け組を徹底解明!

頭打ちの市場で激戦が続く外食チェーン。浮き沈みの激しい市場での新しいスター銘柄を、増収・増益率や優待魅力度などのランキングで紹介。マクドナルド、ケンタッキーなどブランド再生の仕掛けや、負け組の再起策も。