「複数内定」は当然、勝負は「内定後」にあり

辞退におびえる企業は入社式まで目を光らす

内定が出たあとも、学生の就職活動、企業の採用活動は続いている (写真:anzphoto_Inc, / PIXTA)

「すでに内定を出したが、保留されている」「内定辞退者が出ないか心配」――。就職活動はいよいよ後半戦に向かいつつあるが、企業の採用担当者からそうした声を多く聞くようになった。

今年の就職戦線は昨年より1週間から10日前後の早いペースで進んでおり、選考を行い、内定を出している企業も多くなっている(5月17日配信記事「『3人に1人』が内定獲得、前倒し就活の内実」参照)。

内定得ても就活を続ける学生が大多数​​​​

一方、学生にとっては、「まず1社目の内定を得て、さらに希望の会社への内定を目指す」パターンが多い。マイナビが就活時期に毎月発表している「マイナビ大学生就職内定率調査」によると、4月末時点で内定(内々定)を取得した割合は全体の23.0%(前年同期比4.1%増)に達する。

うち半数の53.7%が「内定先に不満はないが、就活を続行」と回答。「内定先に不満があり、就活を続行」は20.4%で、それを合わせると、7割以上がまだまだ就活を継続すると答えている。まだ4月時点ということもあるが、内定を得ても、就活を継続する学生が多数派となっている。また、経団連が採用活動の指針で定める6月の選考活動解禁以降に内定出しを行う企業が一定数あり、「その結果を待ってから決める」という学生も多い。

次ページ昨年は7月末で2社以上内定が半数
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT