「無名なシェアトップ」企業にも就活せよ!

有名人気企業に入社しても大切に扱われない

そのCDPでは、学生がディスコの社内を自由に見て回り、興味のある部署の社員に自由に話を聞くことができる。採用担当者が立ち会わないので、説明会では聞きづらいような質問をすることも可能だ。制限時間内ならば、どの部署で何人にインタビューしても構わない。

後でインタビューの内容が人事部に連絡され、それが選考評価の対象になることはない。CDPを実施するのは、データなどではわからない会社の雰囲気などを知ってもらって、ミスマッチを避けるためだ。

同社の採用ではミスマッチを避けることを重視しており、インターンシップは年に2回(夏と冬)実施している。募集ではリクナビやマイナビを使うだけでなく、採用担当者が個別に大学訪問もしている。

今後はインターンシップだけでなく、学生アルバイトを増加させる方針だ。アルバイトをとおして、業務と社風を知った学生が、納得して入社するのを期待している。

本社ビルに託児所完備、保育士も常駐

ディスコでは福利厚生が充実しているが、なかでも注目は、本社ビル内の託児所の存在だ。定員14人で保育士のほか、栄養士も常駐している。男性社員も子どもを預けることができる。保育園の数が足りず、子どもを預けられないことが多いが、同社の社員にはその心配がない。

多くのメーカーでは研究開発拠点を本社ビルと離れた郊外に置くことが多い。しかし、同社は大田区の本社ビルにR&D(研究開発)センターを併設しているので、研究職の社員でも都内勤務だ。福利厚生の一環で、R&Dセンターを都心部に置いているわけではないが、こうした環境は研究開発職の社員にとても好評だという。

業界で圧倒的に高いシェアを占める企業は、業績が安定していることが多い。知名度が低い場合、採用に苦労しているので、従業員を大切にする傾向がある。ミスマッチを防ぐために採用活動もていねいだ。就活生は人気に惑わされることなく、企業の中身をしっかり研究してから進路を決めてほしい。もし、すでに人気企業から内定を獲得していたとしても、その企業が自分に適しているかどうかはわからない。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • インフレが日本を救う
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。