「生徒を伸ばしてくれる大学」ランキング100

1位東北大、2位が東大、3位は金沢工業大学

進学校の先生が選ぶ「入学後、生徒を伸ばしてくれる大学」はどこか (写真:プラナ/PIXTA)

今年の一般入試の大きな特徴は、私立大学の志願者が大幅に増加したことだ。私立大全体で8%ほど増えた。現段階の私立大志願者トップ50を見ても、昨年より減っているのはわずか5校だけ、という状況である。それだけ志願者が増えた大学が多かった。国公立大学の志願者が0.2%減だったのとは大きな違いだ。

大都市の大手私大はさらに狭き門​​​​

そのうえ、文部科学省が地方創生政策の一環として、大都市圏の大規模大学の入学者抑制を進めている。2015年まで、入学者は定員の1.2倍まで認められていたのが徐々に減らされ、2018年に1.1倍、2019年には1.0倍にしていく。これを超えた大学は補助金をもらえなくなるのだ。入学者を減らすことは合格者を減らすことにつながる。今年も昨年に引き続き、大手の私大で合格者が減少した。

志願者が増えた一方、合格者は減って、受験生にとってはかなり厳しい入試になった。

早稲田大を例にとってみよう。合格者は昨年の1万7976人から1万6087人と1889人減った。約1割減ったことになる。競争率(志願者数÷合格者数)は、6.0倍から7.1倍に跳ね上がり、厳しい入試になったことがわかる。早慶上智(早稲田大、慶應義塾大、上智大)、MARCH(明治大、青山学院大、立教大、中央大、法政大)の合計で、およそ8000人の合格者が減っている状況だ。

次ページもう”大学全入時代”は終わった?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。