「年を取っても働き続ける人」ほど健康なワケ

朝きちんと起きる理由があることは大事

年を取っても働き続けることの健康効果は?(写真:Syda Productions)

年を取っても働き続けることに、健康効果はあるのだろうか。

科学的な研究を見ると答えはどちらかと言えば「イエス」だが、はっきりと結論が出たわけではない。やりがいのある職(主に単純労働よりは頭を使う仕事)を見つけた人の間では特にその傾向が顕著だ。

米国のベビーブーム世代は、これまでのほとんどの世代と比べて60歳代に入っても働き続けている人が多い。形態はさまざまで、定年を延長することもあれば、何らかのつなぎの仕事に就いた人もいるし、パートタイムで勤務する人も自営業を始める人もいる。その結果、近年では引退(つまり賃金労働を完全にやめること)するシニアはどんどん少数派になりつつある。

働くことの恩恵とは?

「働くことの恩恵とは何かと言えば、特に重要なのは脳の活性化や社会的ネットワークの活性化かも知れない」と、ハーバード大学医学大学院のニコール・マエスタス准教授(医療政策)はあるインタビューで答えている。

これまで専門家の間では、一定の年齢を超えて働くことで恩恵を得られるのは、教育水準が高く健康な人に限られるというのが通説だった。だが最近、研究者もシニア世代の当事者たちも、果たして労働は高齢者の精神的・肉体的な健康維持に効果があるのかという問いに向き合うようになってきた。これは興味深いばかりでなく、働く側にも政策担当者にも関係のあるテーマだ。

フロリダ州で長年、教育者として働いてきたマーク・トルイット(70)のこの問いへの答えは「イエス」だ。トルイットはこれまでに4回か5回、引退しようとしたが結局は仕事に舞い戻ってしまった。「引退して、自分で価値があると思えることを何もせず、あっという間に衰えてしまった元教師を何人も見てきた」と彼は言う。

トルイットは今、教育関係の非営利組織で週に10時間ほどコンサルタントとして働いている。「仕事はとても気に入っている」と彼は言う。

次ページ退職の影響が出るのは何年後?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT