若手社員は「年末の納会」までが仕事のうちだ

新人は片づけとあいさつでポイント稼ぎを!

仕事納めの日には「納会」という名の飲み会が社内で開かれる (写真:Ushico / PIXTA)

年末の企業の定番社内イベントといえば、「忘年会」「クリスマス・パーティ」「納会」の3つだろう。もっとも、前の2つと比較すれば、「納会」の知名度はいまひとつ。社会人1年目の新人にとっては「名前は聞いたことがある」程度の認識だろう。

1年を締めくくるカイシャの「儀式」

企業における「納会」は、一言で言えば、年末の仕事納めの日(最終出社日)に行う飲み会のこと。ほとんどが社内で行われ、社員が一同に集まることのできる大会議室や社員食堂でやるところもあれば、部署ごとに開催するところもある。もちろん、すべての企業や部門で納会が開かれるわけではない。もともとやっていなかったところもあれば、業績不振で廃止になった、外資に買収されてクリスマス・パーティに衣替えした、というところもある。

それはさておき、納会は、「1年の締めくくり」を大切にするいかにも日本企業らしい行事。納会がある会社の人はもちろん、ない人も関係ないと思わず、「納会の基本とマナー」を押さえていただきたい。

次ページ「納会は社内で」がほとんど
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT