子どもに「正論より共感」が響く本質的な理由

「言えばわかる」ほど単純ではない

中学生だって同じですよ。ある女の子が「ね、お母さん、部活やめたい」と言ってきた。親はやめさせたくなくて、「何言ってんの、今までがんばってきたじゃない。もうすぐ選手でしょ、もうちょっとがんばんなさいよ。お母さんも応援してるよ、ファーイト!」とか言っちゃうんだよね。

そうすると子どもは、「だめだ、この人に言っても。わたしがいまどんなに苦しいか、ちっとも聞いてくれない」ってなっちゃう。親は、励ましているつもりだけど、共感がないところでそれを言われると、子どもはただ「お説教された」って思っちゃうのね。

「共感」すれば情報もバンバン入る

そこで「どうしたの?」って聞けば、「だってこうで、こうでこうで」って言い始める。「そうなんだ、そりゃ大変だね。あんたも苦しいね」って答えれば、子どもはうれしいから、どんどんしゃべる。

全部ぶちまけるとすっきりして、「もうちょっと、やってみるよ」となる場合もあります(笑)。

もちろん、そうならない場合もあるけれど、少なくとも理由がはっきりするんですよ。言っている本人も自分の気持ちを整理できるし、聞いている親のほうにも、情報がいっぱい入ります。

「ああ、これは体力的に無理なんだな」とか、「これは友達ともめてるのかな」とか「先生とうまくいってないんだな」とか、「この子、ほかにやりたいことがあるんじゃないかな」とか。そうやっていっぱい情報が入れば、的確な判断がしやすくなる。

それを、共感しないでいきなり励ましたりすると、そういう情報が何も入らない。だからとにかく、共感が最優先ですね。

――なるほど、そうですよね……。ただ、親の言い訳ですが、聞いてあげたくても忙しくて余裕がない、ということもありますよね。

そうですね、それはもう、最大の考えるべき点です。親はもう、ストレスがいっぱいなんですよ。とくにお母さんたちはね。日本の社会はいまだに、お母さんが子育て、という意識が強いから、パンク寸前ですよね。

子育てする世代は、仕事も一番忙しい時期だし、場合によっては、おじいちゃんおばあちゃんの世話もある。時間的にも金銭的にも、気持ち的にも労力的にも、そりゃ苦しいですよ。

そんなときに、たまたま子どもが親を怒らせる引き金をひくんです。それで「また、片づけしてない、ダメでしょ!」ってことになる。

でもそれって、ただ引き金をひいただけなんです。その前にもう、お母さんのタンクにはものすごい不満がたまってるわけですよ。それが一気に出てしまう。子どもがやったことなんて、ほんとちょっとしたことなんだけど、すべてのストレスがそこに出てしまう。

ストレスって、弱いところに出るんですね。わが子って一番弱い相手だから、そこに向かってしまうんです。だからストレスが少ないときは、子どもが同じことをしても笑って許せるし、ストレス満載のときは、絶対に許せない。

そういう意味で、とにかくストレスをためこまないというのは、非常に重要なことですね。親の精神が安定しているということ。過度の忙しさっていうのは、よくないんです。

――うーん……、そうですよね。わかってはいるんですけれど、わたしたち母親たちも、好きで過度に忙しくなっているわけではないので……。

そう、そこは非常に重要なテーマです。次回はPTAの問題についてお話ししますが、そこでも改めてお伝えしますね。

(次回は1月3日に公開予定です)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング