「やんちゃ坊主に悩む親」に教えたい発想転換

男の子は、育てにくい子ほど良く伸びる!

わんぱくすぎる息子でも、しかりすぎは禁物です(写真:マハロ / PIXTA)

良い性格、悪い性格なんてものはない

いきなりですが、おめでとうございます!

男の子、しかもちょっとクセのある「育てにくい子」を授かったみなさんは、選ばれし親です。神様から「この人なら大丈夫」と見込まれ、普通の人にはつとまらない大役を任されたのです。大変でしょうけれど、この際、名誉なことだと思ってください!

しかしあまりに元気のいい男の子のママからはときどき、「ハズレくじを引いた」なんてセリフを聞くこともあります。でも、そのくじ、もう一度よーく見てください。じーっと観察すると、「ハズレ」ではなく「大アタリ」に見えてくるはずです。

がんこ、わがまま、甘えん坊……。「この子のこの性格、なんとかならないかしら?」と思うことも多いでしょう。もともと良い性格、悪い性格なんてものはありません。なんらかの性格的な特徴が、良いほうに発揮されれば長所となり、悪いほうに表れれば短所になる。それだけのことです。

それなのに、悪いほうに表れたところばかりに注目し、その特徴自体を弱めようとしてしまうと、せっかくのその子らしさが台無しです。特徴を弱めるのではなく、親の見方をそのまま180度転換すればいいのです。

そんなふうにわが子に対する見方を変える「男の子のママのためのポジティブ変換テクニック」を、拙著『育てにくい男の子 ママのせいではありません』の中から一部紹介しましょう。

次ページわがままにはこう対応しよう
関連記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。