「地頭のいい子」は家庭内の習慣で作られる!

「アクティブ・ラーニング」は親子でもできる

「地頭のいい子」はどうすれば育つでしょうか?(写真:tsuppy / PIXTA)
小学校低学年から高学年、そして中学生へ……。周囲に私学を受験する子も増える中で、わが子の成績や先々の進路がまったく気にならない親はいないだろう。どうすれば少しでもいい点が取れ、より上位の学校に進学できるのか。そもそも子どもにやる気を起こさせるには?
約25年にわたり学習塾を運営し、3000人以上の子どもを指導、成績向上に導いてきた石田勝紀氏は「心・体・頭のしつけ」をすることが重要と語ります。この連載では石田先生の元に寄せられた親たちのお悩みに答えつつ、ぐんぐん伸びる子への育て方について考えていきます。
※石田勝紀先生へのご相談はこちらから

【質問】

この連載の過去記事はこちら
小学6年生の男の子を持つ母親です。ひとりっ子ということもあり、甘やかして育ててしまったのか、幼少期から人に頼りがちで、あまり自発的に行動しません。
子どもですが「面倒」が口癖で、丁寧に考えることが嫌いです。小学1年生から宿題の見直しを一緒にやって来ましたが、分からない問題があると私がやってきて手伝うまで、手を着けないで待っています。解けない問題があると、苛立って大声を出したり、すぐ投げ出そうとするので、私もつい怒鳴ってしまいます。解けない問題といっても今までに習った問題が全然分からなくなっています。算数は特に、なぜそういう答えになるのか深く理解しないでやり過ごしてきたのか、文章問題などは全然できません。考える力をつけるにはどうしたらよいでしょうか?(仮名:今野さん)

【石田先生の回答】

教育業界で話題のテーマを家庭でやってみよう

「自ら自発的に勉強をしようとしない」こと、これを正すためには、さまざまなアプローチがありますが、そのひとつに「子ども手帳」を使って自律を促す方法があります。これについては、かつて記事で書きましたので、それをご覧ください。私が実践、検証した中では、最も効果的であったツールです。

今回は、その点よりも、「勉強しても身についていない。深く理解しないでいるため、文章題もできない」点を解決する方法に焦点を当ててお話しますね。これもまた、さまざまなアプローチがあるのですが、ひとつ家庭内で「アクティブ・ラーニング」を実践することをおすすめしたいと思います。

アクティブ・ラーニングとは、教育関係者には有名な言葉ですが、まだ一般にはそこまで知られていないかもしれません。

これは、「一方的な講義形式の教育とは異なり、能動的(主体的、積極的)に学習に参加させるための学習法」のことです。イメージとしては、小学校の頃にやった「ある課題に対してチームで協調して取り組むグループ学習」のような感じです。

次ページこの4ステップで進めよう
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 見過ごされる若者の貧困
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT